スポンサーリンク

我が家では、毎年バレンタインデーには私から家族へチョコレートを渡すのが習慣になっています。

好きな人への気持ちを伝える日だったバレンタインデーも、今では義理チョコや友チョコ、ファミチョコ、マイチョコなど・・・色々と理由を付けてチョコレートを贈ることができる時代になりましたね。

チョコレートをもらう機会が増えて、ひと思案しなければならないのがホワイトデー。本命チョコだとしたら、相手にとっては本気のチョコレートに対する返事を1ヶ月も待つ訳ですから、とてつもなく長く感じる日々に感じるでしょうね。

ホワイトデーのお返しの品と私がパッと思いつくのはキャンディーやクッキーですが、深い意味なんて考えたことはありません。が、ホワイトデーのお返しの品の種類にもちゃんと意味があるんですって!

お返しの意味を知らずに贈ってしまって、相手に誤解されたら・・・と、そんなことがないようにしっかり調べてみましたよ。

ホワイトデーの意味や由来とは?

ホワイトデーとは、日本発祥のイベントだと言われています。

  • 不二家が「リターン・バレンタイン」と称して、バレンタインのお返しをするキャンペーンを行った
  • 石村萬盛堂が「マシュマロデー」として、バレンタインのお返しにチョコマシュマロを贈るキャンペーンを行った
  • 全国飴菓子業協同組合(全飴協)がバレンタインのお返しに「キャンディを贈る日」を定めた

ホワイトデーの発祥には有力な説が以上の3つがあるのですが、どれもお菓子メーカーがそれぞれ同じような時代にキャンペーンを行っていたため、どの説が有力なのかはよくわかっていません。

そんな中で、日本人の「贈り物を頂いた時には必ずお返しをする」という気質柄、バレンタインデーのお返しをする人が増えてきた頃、1980年頃に全飴協が3月14日をホワイトデーとしたのが広まった、と言われています。

なぜホワイトなのか?

白とは純潔のシンボル、純愛の意味が込められてホワイトデーとなったと言われています。また、お菓子の必需品の砂糖の色からホワイトをとってホワイトデー、という説もあります。

これも、先述の石村萬盛堂の場合にはマシュマロの白、全飴協の場合はティーンのさわやかな愛、純潔の白、など様々な言い分がある訳なんですね。

ホワイトデーのお返しには意味がある?!

元々お菓子関係のイベントなら、ホワイトデーのお返しにはお菓子なら何でもいいんじゃないかと思うものですが、実はそうでもないようなんです。

ホワイトデーのお返しの品を選ぶ時に気を付けなければならないのは、返事の代わりになる意味を含んでいるものがある、ということです。特に本命チョコを贈られた相手には、一喜一憂させる意味があるので慎重に選びましょう。

お菓子の種類によって、思いもよらないような意味が隠されている場合もあります。それでは、その意味と由来について詳しく見ていきましょうね。

キャンディー

「あなたが好きです」

  • 固くて割れないことから関係が割れないとか、長く甘い味が続くことから関係が長続きするとの意味がある。
  • 本命・恋人におすすめ

マカロン

「あなたは特別で大切な人です」

  • 他のお菓子よりも値段が高く、高級感と特別感があるため。
  • 本命・恋人・親友におすすめ

カップケーキ

「特別な人」

  • 他のお菓子よりも値段が高いので、特別感があることから。
  • 本命・親友におすすめ

マドレーヌ

「もっと仲良くなりたいです」

スポンサーリンク

  • マドレーヌの形が2枚の貝がぴったりと合わさった姿から、縁結びや円満な関係を意味しています。
  • 気になる人におすすめ

バームクーヘン

「幸せが長く続きますように」

  • 何層にも重なっている姿から幸せを重ねていく、という意味があります。
  • 夫婦におすすめ

キャラメル

「一緒に居ると安心する」

  • まったりと甘くホッとするような味のキャラメルから、安心感を意味しています。
  • 親友におすすめ

クッキー

「友達のままで」

  • サクサクとしてドライなイメージのクッキーはあっさりした関係の意味や、たくさんある種類の中の一つ、という意味があります。
  • 義理・友達におすすめ

チョコレート

「あなたの気持ちをそのままお返しします」

  • チョコレートを贈られてチョコレートで返すということから、気持ちはそのままお返しします、受け取れませんの意味になります。
  • 義理・友達におすすめ

マシュマロ

「あなたのことが嫌いです」

  • 口の中でふわっとすぐに溶けてなくなってしまうことから、長続きしないとか、すぐに忘れてしまいたい人のイメージになります。マシュマロのように、柔らかく包んでお返し、やんわりお断りしますという意味になります。
  • できるならお返しにしない方が角が立たないかも・・・

お菓子の種類によってもこんなに意味があるんですね。迂闊に選んで深読みされたら、困ることもあるかもしれませんね。

まとめ

バレンタインデーの場合には、シンプルにチョコレートというイメージもあるので困ることもほとんどないのかもしれませんが、ホワイトデーのお返しの場合には、手数が多くあるので選択肢に困りますね。

また、ホワイトデーのお返しに意味を持たないお菓子もあります。ケーキ・プリン・ゼリー・シュークリーム・和菓子などは、特別な意味を持っていません。ケーキや和菓子は種類も豊富なので、選ぶのにも気苦労なく差し支えなくお返しすることができそうですね。

スポンサーリンク