スポンサーリンク

ガリガリガリガリ…!

8c7ce51865350cbd529e25ec8c3534a7_s-300x240
あ~…やっちゃった…。

気をつけているつもりでも、ハンドル操作を誤り、車を傷つけてしまった経験がある人は、結構多いのでは?

車を壁で擦ってしまったり、ぶつかってしまったり。

人身事故じゃなかっただけ、良しとしよう…と、自分に言い聞かせても、かなり落ち込みますよね。

でも、落ち込んでばかりもいられません。
傷ついた車、早く修理に出さないと…!

さて、この修理に出す場所ですが、どこに持っていったらいいか、
迷ったこと、ありませんか?

選択肢は3つ!?車の修理場所

車を修理してもらえる場所…というと、まず思い浮かぶのは、
次の3つくらいでしょうか。

  • 車を購入したディーラー
  • 塗装板金修理工場
  • チェーン展開している修理工場

車を修理に出す際に、気になるのが、修理にかかる費用と、
修理後の仕上がりについて、ですよね。

安く、キレイに直してくれるところが、一番!
なのですが、それには、上記3つのうち、どこに、
修理をお願いするのが、良いのでしょうか?

スポンサーリンク

それぞれの、メリット・デメリットについて、
考察してみました。

ディーラー

修理代金は、先に挙げた3つの中では、最も、
高いと考えておいた方が、良いでしょう。

ディーラーに修理を依頼すると、提携の整備工場で、
修理を行う場合がほとんどなので、修理代金に、
手数料等が、上乗せされていることが、多いです。

また、「悪い可能性のある部品」も含めて、
計算するので、見積もり金額はどうしても、
高くなります。

しかし、ディーラーと提携しているだけあって、
同じ車種の修理経験も豊富だろうし、パーツ等も、
揃っているので、修理日数が短くて済むこともあります。

また、代車等の手配もしてくれるし、
修理の仕上がりについても、ディーラーがきちんと、
チェックしてくれるので、安心です。

決して安くは無いけれど、安心して任せられる場所、
と言って良いでしょう。

塗装板金修理工場

いわゆる、町の修理屋さん。

ディーラーと違い、悪くない部品は交換しない、
もしくは、純正品ではない部品を使用したりするなどで、
トータル金額を、安くあげてくれる場合が多いです。

また、ディーラーでは、作業項目がきっちりと決められていて、
それを基に工賃を計算しますが、町の修理屋さんでは、
それほど正確に項目を基に、計算しないことも多々あります。

かかった作業時間によって、工賃を計算することもあり、
良心的なとことろであれば、安い金額になることも、
あります。

その修理工場が、良いところかそうでないかを、
判断することが、状況を左右するのですが、
初見でそれを判断することは、まず難しいでしょう。

知り合いの紹介などであれば、値段も良心的に、
仕上げもきっちりしてくれることが、期待できますが、
そうでないなら、ディーラーに頼む方が、無難かもしれません。

チェーン展開している修理工場

とにかく早く仕上がる!ということを全面にアピールしている、
チェーン展開の修理工場。

もともと、地元の板金屋さんが、フランチャイズに、
参入したケースがほとんどです。

独自の工法により、どの店舗でも同等のサービスを、
行えるようにはなっていますが、細かい仕上がりの点で言うと、
やはり個々の、力量に依る場合もあります。

また、価格に関しても、修理箇所や種類によっては、
格段に安いとも、高いとも、言えない事が多いです。

こうした修理工場のHPを見てみると、シミュレーターで、
概算費用を確認することも、できます。
あくまで概算ですが、参考にはなるので、便利です。

あまり、車にこだわりがなく、小さな傷を、
パッと見分からないように、直したい、という事であれば、
こちらに頼むのが、最適かもしれません。

079174-222x300

車の修理…一番重要なのは信頼

三者三様、それぞれメリットもデメリットもありますが、
どの場所に修理を依頼するにしても、一番の判断基準は、
信頼できる相手であるかどうか、という点です。

ディーラーでも、担当者がいい加減であれば、
仕上がりは、満足いかないものになるだろうし、
技術が確かで親切な修理屋さんも、多くいることでしょう。

ちなみに、私は車を購入したディーラーさんに、
いつもお任せしています。

修理だけでなく、バッテリーが上がった!
という時でも、すぐに対応してくれるし、
整備士さんにも、的確に指示してくれています。

やはり、車の緊急事態には、素早く対応してくれる、
仕事が早い、ということが、何より大切かもしれません。

もしもの時のために、信頼して車を預けられる場所を、
前もって探しておいた方が、いいかもしれませんね。

スポンサーリンク