スポンサードリンク

食費の節約!栄養失調をカバーする家庭菜園で出来る簡単野菜とは?

夢のマイホームのために
節約している友人のB太。

ある日、B太から、
相談を受けています。

B太:「この前、体調を崩して
    病院に行ったら、栄養失調と言われた…」

自分:「栄養失調!いまどき?」

B太:「そうなんだ。
    最近、食費節約していて。」

自分:「ダメだよ。食事はしっかりしないと。」

B太:「でも、他のところでこれ以上、節約できないし。
   何か、いいアイデアない?」

自分:「それなら、家庭菜園でも始めたら。」

B太:「家庭菜園かぁ…。いいアイデアだね。
   でも、何をどのように育てればいいの?」

というわけで、
家庭菜園におすすめの野菜を
3つご紹介します。



スポンサードリンク





家庭菜園におすすめの野菜3選

  • ミニトマト
  • ナス
  • ゴーヤ

これらの3つの野菜は、非常に育てやすく
初心者でも、安心して育てられます。

ただ、ほったらかしていては
上手く育たないので、ある程度
お世話する事が必要です!

ミニトマト

丈夫で、作りやすいミニトマト。
トマトの原産乾燥地域なので
紹介する3種類の野菜の中では多少放っておいても、育ちます。

4~5月ごろになると、
ホームセンターに苗が売られています。

植え付けは4月下旬~5月下旬
収穫は5月~9月

植え付けて、枝が伸びてきたら
2mぐらいの支柱を立てます。

しばらくすると、わき芽が出てくるので、
わき芽に余分な栄養がいかないように、
摘み取ります。

1番果が肥大してきたら、追肥します。
その後、2週おきぐらいに追肥し、
果実が赤くなったら収穫です。

甘いミニトマトを作るには、
水と肥料与えすぎないことがポイントです。

a1150_000687

ナス

昔から日本人に好まれているナス。
ビタミンミネラル食物繊維などが豊富です。

4~5月ごろになると、
ホームセンターに苗が売られています。

植え付けは4月下旬~5月下旬
収穫は5月~10月上旬

植え付ける苗は病気予防のため
接ぎ木苗を選びます。

植え付けて、枝が伸びてきたら
支柱を3本立てます。

そして、主枝
一番花すぐ下2つのわき芽を残して、
その他のわき芽をすべて摘み取ります。

ナスはインド原産で、
高温に強いが、乾燥に弱い野菜です。
また、肥料が必要な野菜です。

水と肥料を切らさないようにします。
水は乾いたら十分に与え、
2週おきぐらいに追肥します。

苗の負担を減らすために、
大きくし過ぎないうちに
収穫することがポイントです。

a0002_011812

ゴーヤ

暑さ対策としての、グリーンカーテンで有名なゴーヤ。
最近、家庭菜園で人気がある野菜です。

4~5月ごろになると、
ホームセンターに苗が売られています。
育てやすいので苗を植え付けます。

植え付けは4月下旬~5月下旬
収穫は7月~9月
植え付ける時にはネットを準備します。

本場が4,5枚になったら、
親ヅルの先を切る摘心をし、
子ヅル孫ヅルを伸ばします。

ゴーヤは高温に強い野菜です。
また、肥料を好む野菜です。

水と肥料を切らさないようにします。
水は乾いたら十分に与え、
週に1回追肥します。

うまくいけば、
たくさん収穫できますよ。

a0002_011813

まとめ

自分:「どうだった?」

B太:「最近、野菜の値段は高いからね。
家庭菜園節約になりそう。」

自分:「おもしろそうでしょう?

B太:「そうだねぇ。来年から、やってみるよ!
   教えてくれて、ありがとう!」

いかがでしたか?
今回は簡単にできる、
初心者におすすめの野菜を紹介しました。

節約のためではなくても
家庭菜園をやってみると、
とてもおもしろいです。

また、農家の方たちと
自然感謝できるようになります。
ぜひトライしてみてください。

ちなみに…
B太は家庭菜園にはまったみたいです。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ