スポンサードリンク

長持ちする花の種類は?初心者でも簡単にガーデニング!

花のある生活って、見ていて楽しくなりますし、
彩りも奇麗で、良いですよね。

花にもよりますが、家に花壇がなくても、
プランターなどで、育てられますので、あまり
大きなスペースは必要ありません。

どうせ植えるならすぐに枯れてしまう花より、
長持ちする花を育てたいですよね。

私も、今年の春に引っ越しをして、ちょっとした
スペースができたので、色々花の種類を調べて、
初めて、花を植えてみました。

これから、ガーデニングを始めたいと
思っている方にも、きっと役立つと思いますので、
長持ちして、育てやすい、お勧めの花をご紹介します!


スポンサードリンク






1年中花を楽しむには


それぞれの花によって、咲く時期が異なります。
住んでいる地域によっては、冬場は温室に入れなければ
いけないので、その事も、考慮して購入しましょう。

大きく分けて、春・夏向けの花、
冬向き花の組み合わせを考えて植えれば、
1年中花を楽しむ事ができます。


春~秋向き

  • ナデシコ


  • dianthus-390255_640-300x198

    すごく丈夫で、あまり世話をしなくても、元気に
    育ってくれる、私一押しの花です。

    4~10月頃まで楽しめ、真夏には、本当に次から
    次へと花が咲いてくるので、見ていて楽しいです。

    私は、あまりマメな方ではないので、同じような
    方には、とっても育てやすい花だと思います。

    日当りの良い場所で、時々水と肥料をあげれば、
    どんどん増殖してくれます。

    水のやりすぎは、根が腐ったり、葉が痛む原因に
    なるので、土が乾いてから、たっぷりあげて下さい。
    月に2回程、液体肥料をあげましょう。

    寒さには、割と強いですが、霜にあたる
    枯れてしまう場合があるので、冬は、軒下などに
    移動してあげましょう。

  • ゼラニウム


  • geranium-384830_640-300x199

    4~11月位まで楽しめるゼラニウムは、初心者に
    ピッタリの花だと思います。

    虫がつきにくく、乾燥を好むので、頻繁
    水やりをする必要もありません。

    暑さに弱いので、真夏は、一時成長が止まりますが、
    枯れる事はあまりありません。
    夏の間は、半日陰に置いてあげて下さいね。

    冬は、-5℃以下になる地域では室内に
    入れ、比較的暖かい地域では、
    霜に当たらないように、軒下に置きましょう。

    肥料は、生育期間に液体肥料を2週間に1度
    あげるようにして下さい。


秋~春向け


  • デージー


  • flower-52147_640-300x225

    とても丈夫で、育てやすいデージーは、
    冬〜春にかけて、楽しめる花です。

    形が可愛く、長く楽しめる花なので、私は
    大好きです。
    1年草なので、毎年植える必要があります。

    種から植える場合は、8月下旬〜9月中旬くらい、
    苗からなら、10月〜11月が適しています。

    霜がよく降りる場所は避け、日当りの良い場所
    育ててあげましょう。

    水やりは、土が乾いたらたっぷりあげて下さい。
    水切れを起こしやすいので、暖かくなってきたら、
    注意して下さいね。

    開花時期は、花が次々と、たくさん咲くので、
    枯れた花は、花茎の付け根から摘み取ってあげて
    ください。

    花が咲いている時期は、薄めの液体肥料を
    月に3回
    ほど、与える必要があります。

  • パンジー


  • flowers-200270_640-300x199

    ガーデニングの初心者の方は、パンジーから
    始めるのが良いかもしれません。

    それくらい育てやすく、花の色も豊富で
    花壇を華やかにしてくれますし、開花時期も、
    11月~5月と、長く楽しめます。

    種を蒔くなら8月下旬頃、苗からなら、
    10〜11月の霜が降りる前が適しています。

    水やりは、土が乾いたら、たっぷりあげましょう。
    長く楽しむには、花が枯れたら、こまめに
    摘み取ってあげる事が大切です。

    開花時期は、絶え間なく花が咲くので、
    植え付けする前に、緩効性化成肥料を混ぜ、
    開花時期には、月に3回液体肥料を与えましょう。

    液体肥料にのあげ方


    液体肥料は、即効性があり、手軽に使える
    肥料です。

    そのまま使用するタイプと、
    水で薄めて使うタイプがあります。

    ジョーロに水と規定の原液を混ぜ
    水やりと同じようにあげます。

    濃度が濃すぎると、根を痛めてしまうので、
    規定量を守って与えましょう。

    私は、ハイポネックスを使っていますが、
    規定の2倍くらいに薄めて、与える回数を
    増やしています。

    最後に


    紹介した花は、全て、とても育てやすく、
    きちんと手入れをすれば、長く楽しめるもの
    ばかりです。

    花のある生活は、心にも潤いを与えてくれます。
    是非、取り入れてみて下さいね。


    スポンサードリンク



    あわせて読みたい関連記事

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ