スポンサードリンク

金銭感覚の違い!夫婦間ではどうする?

友人が、旦那さんのお金の使い方のことで
悩んでいました。

旦那さんは、あまりお金のことを気にしない
人のようです。

wallet-367975_1280-300x199

例えば、会社では毎日お昼ご飯を、仕事関係の人と、
食べに行くそうです。

一時期は、お弁当を作っていましたが、仕事での
付き合いがあるそうで、主に外食になってしまう
そうです。

たまになら、勿論何も問題ないのですが、
ほぼ毎日となると、家計にも影響します。

また、突然高価なスーツや靴などを買っては、
「必要なものだから、仕方ない」
と言われ、許しているそうです。

仕事のこととなると、友人もあまり強く言えなく
なってしまいます。

でも、もう少し節約する方法があるのでは?と
友人は思っているそうです。

夫婦で金銭感覚が、大きく違うということは、
価値観の違いにもなり、後々問題が出てくる
かもしれません。

早めに対処できることは、しておきたいですね。

では具体的に、夫婦での金銭感覚の違いがある場合、
どんなことを心がけると、良いのでしょうか。


スポンサードリンク





金銭感覚が違う夫婦の対処法


  1. 夫婦での目標を立てる

    二人で目標を立て、その目標に向かって
    お金を貯める、という計画を立ててみましょう。

    できれば、ノートなどに書き出し、いつまでに
    いくら貯める、などの目標を書いておきます。

    すると、具体的な計画が立てやすくなるので、
    貯金をしたり、節約をする、という心構え
    お互いにできるでしょう。

    そして、自然に二人の金銭感覚が近づくかも
    しれません。

  2. 必要な費用は確保する

    相手のお金の使い方に不安があり、生活にも
    影響しそうな場合や、貯蓄の分だけは確保したい、
    という夫婦もいるでしょう。

    そんなときは、給料が出たらすぐに、その月に
    必要な経費や生活費、貯蓄に回す額を確保します。

    残った分は、お互い自由に使えるように
    してみましょう。

    こうすると、必要な金額は確保でき、しかも
    不自由な感じも、少なくてすみます。

  3. 相手のお小遣いの使い方には干渉しない

    お互いにお小遣いがある場合、その使い方が
    気になってしまう、という夫婦もいると思います。

    お小遣いで、高いスーツやバッグを買うなど、
    堅実派の方から見ると、無駄遣いに感じる方も
    いるでしょう。

    使っている方からすれば、自由に使えるはずの
    お小遣いで、とやかく言われたくない、
    と思っているかも知れません。

    ですので、お小遣いとして自由に使える分は、
    その範囲内で、やりくりできているのなら、
    何も口出ししないことが、うまくいくコツです。

まとめ


共働きの夫婦と、一人だけ働いている夫婦とでも、
金銭感覚の違いは、さらに広がることもあります。

mobile-575827_1280-300x199

どちらにしても、恐らく結婚前から変わらない
金銭感覚は、そう簡単には変えられません。

その違いを埋めるために、今回の対処法を
試してみることを、オススメします。

金銭感覚が同じにはならなくても、
違いを気にしなくて済む
、くらいになれば
良いですね。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ