スポンサードリンク

車購入レポート!私の値引き交渉術をお披露目します!

車を買う時って、
どれくらい時間をかけて、決めますか?

実は私、今年(2014年)に入ってからずっと、
新車の購入を、考えていまして、
先日ついに、契約をしてきました!

車種は、トヨタのアクア。グレードはS。
そう、今をときめく、リッター30kmも走ってくれる、
ハイブリットカーです!

ところで、ディーラーで車を買う時には、
お値段の交渉が、必要になりますよね。

money-256294_640-300x199

これをしないで、相手の言いなりに決めてしまうと、
もしかしたら、凄くをする事になってしまうかも、
しれません!

なので私は、前もって先に、値引きの勉強をしてから、
お店に行きました。

値引きのプロと言うわけでは、ないけれど、
私なりに、なかなかに、満足の行く交渉が出来たと、
思うので、

今日は、その全貌をご紹介します!


スポンサードリンク






交渉一日目


私は色んなネットのサイトから、値引き術を調べて、
いざ、トヨタのディーラーへ行きました。

行くのは、旦那さんと二人で。
何故なら『冷やかしではない』事の、アピールの為です。

この時私が肝に命じていたのは、

・絶対にアクアにすると決めていると言わない
・予算がいくらと明言しない

の2点です。

理由.アクアにすると言ってしまうと、
   この人は絶対にトヨタで買うな、よしよし、と
   思われるから。
 
   予算を言うと、
   値引額がその範囲で限定されてしまうから。

競合他社と比べられているなら、その分値引かなきゃと、
思って貰った方が、いいですよね。

ちなみにディーラーはトヨタ直営でなく、
代理店が運営していて、
同じトヨタ系列でも、代理店が別と言う事が、あります。

トヨタカローラと、ネッツトヨタが、
別会社という、感じですね。

私は近くに、トヨタ系がそこしかなかったので、
『ホンダのフィット』を競合として出しましたが、

近くに、トヨタ系のディーラーが他にもあるなら、
そこと比べてる、と言った方が良かったかも。

予算は、いくらと明言してしまうと、
その範疇でしか、値引いて貰えなくなってしまいます。
なので、『安ければ安い方が嬉しい〜』と、言いました。

この時点で、色々つけたいオプションをつけて、
計算してもらった所、初めは246万

ここから値引き6万で、240万。
(ちなみに、オプション合計は30万弱です)

さらに、
「これがぎりぎりですが、
 今日決めてもらえるなら、もう3万頑張ります」
と。

要するに、9万円の値引きです。
しかし、

・最初の金額では絶対に買ってはならない。

とどこかに書いてあった事を、肝に命じていたので、
見積もりだけ貰って、その日は旦那と帰宅しました。

でも、「近いうちにどこかで決めなきゃね〜」なんて、
わざとらしい、会話をして、
購入の意思はあるアピールを、しました。

(ただの冷やかしのお客さんには、
 営業さんだって、労力を注ぎませんからね)



交渉二日目…の前に


同じお店で再び交渉する前に、私は他の少し遠めの、
別のトヨタのディーラーに、

・この車種とこのオプションで、
 これ以下の値段になりそうだったら、一度お邪魔する


と、電話をしました。

答えはOKで、早速見積書を持って行ったら
買う意思アリと、思われたからか、
いきなり、246万から15万引き

でも231万円でもまだ高いな〜と思ったので、
思い切って、「220万まで下がりませんか」、と、
聞きました。

お兄さん、「無理です」
でも私が「予算が220万しか出せない」と、言ったら、
じゃあ「225万でどうですか」と!

なんだか、いかにも、交渉している感じ、ですね!

ここで、225万の見積書を貰って、初めの金額からは、
21万引きです。

ちなみに、そのお店では、225万以下はもう無理で、
代わりに、点検パックを無料で3回分着ける、と
言って頂きました。

これもネットの受け売りですが、

現金値引ではなく、無料パックや、
代わりにオプションをつける方向に、切り替わったら、
それ以上の値引きは見込めない。

というのは、その通りのようです。
私は少なくとも、それ以上引いてもらえる気は、
しませんでした。



交渉二日目(本番)


二件目のお店で貰った、見積書を持って、
私は旦那さんと翌日、また初めのお店に、戻りました。

「やっぱりアクアにしたくて、他のお店にも、
 行ってみたの」と、悪気がない様な顔をして(笑)

そして見積書を見せずに、
「昨日の所より安いなら、ここで決めます」と、
言いました。

この時大事なのは、見積書を見せない事。

理由. もっと値引きをしてもらえるかもしれない、
    可能性を、わざわざ潰す必要はないから。

「見積書見せて下さい」と言われたら、
「かなり頑張ったので、
 見せちゃ駄目って言われた」
と、言って、逃げます。

ここで、見積書よりも大幅に値引かれるなら、決める
ギリギリ高いくらいだったら、「内緒だけど」と、
見積書を見せようと、思っていました。

お兄さんが持って来た電卓は、ぎりぎり高いくらい。

そこで、「オプションとかはこれ以上要らないから、
これ以上現金値引出来るなら、今決める」
と言って、
222万のゾロ目までさらにお値引き。

これで購入しました。

最初の246万から計算すると、23万円引き。
私にしては上出来かな〜と、思います!

最後の値引きを頼む時に、大事な事は、

・現金値引以外は、考慮しない事
・納得出来るなら、購入する事

を、伝える事かと、個人的には思いました。

※ちなみにこの金額は、下取りは別の所で頼んだので、
 その分の金額は入っていません。

1fcbe90d27207b20278aa370bfe0dddb_s-300x200

勿論、他のお店に、ハシゴしたりして、
労力はかかりますが、少しでも安く買うためには、
これくらいの事は、しないと行けませんよね。

私は本来、値引きを言い出すのも気が引けるくらいの、
小心者でしたが、
ここは、心を鬼にして、ちょっと頑張りました!

また、アフターケアを考えたら、
余りいやらしく、さらに別の所と比べるのは、
気が引けてしまって、出来ませんでした。

もっと凄い方は、30万円も値引かせたり、
オプションを、無料でつけさせたり、
するのかも知れませんが、

私はここらが限界です(苦笑)

でも、交渉が苦手な私でも、これくらいは出来たので、
私に出来るかな、と不安なあなたも、きっと大丈夫!

キビシイ家計の為ですので、
ちょっと頑張りましょう!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ