スポンサードリンク

親からの暴力の相談!これは電話してもいいの?

から子どもへの虐待は、
どんどん、増えて来ているようです。

私の住んでいる県でも、虐待件数過去最大だと、
ニュースでも、報道されました。

しかし、表面化している虐待は、ごく一部

誰にも言えないで、一人で耐えている、
子ども達を数えると、
その数は何倍にもなると、言われています。

でも、子どもの立場でよく聞くのは、

・自分が悪いのかもしれない
・これは虐待じゃないのかもしれない

という、自分を責めたり我慢してしまう言葉です。

今日はそんな子ども達へ、
我慢しなくていいと言う事を、知って貰えたらと、
思います。


スポンサードリンク





どんな事で電話すればいいの?


これは虐待? ぼく、わたしが悪いの?
電話する様な事じゃないの?

081978-300x225

という疑問に、お答えする為に、
よくある電話内容の一部を、挙げますね。


・お母さんが、ご飯を作ってくれない。
 作って欲しがると怒る

・毎日、お母さんもお父さんも、家にいない。
 今夜も一人で寂しい。

・お父さんお母さんに、無視される。

・お父さんお母さんが、お酒を飲むと、
 叩いてくる。

・お父さんお母さんが、何もしていないのに
 すぐに叩いてくる。

・お父さんお母さんに、嫌な事を言われて、
 嫌だと伝えると、すぐに叩いてくる。

・叩く以外に、溺れさせたり、やけどをさせたり、
 閉じ込められたりする。

・お父さんが、必要以上に私の体に触ってくる。

お母さんの恋人が、殴ってきたり、体を触る。

・そんな事を、自分の事もそうだけど、
 弟と妹もされる。



ここに書いたのは、虐待のですが、
一つでも当てはまれば、立派な虐待になります。

怖がらずに、我慢せずに、助けを求めて下さい。
助けを求める先は、下に書きますね。


『児童相談所』
全国共通ダイヤル 

0570-064-000(24時間)




※いきなり児童相談所に電話するのが、
 不安な子はこちらへ


『チャイルドライン』
(18歳までの子どもがかけるでんわ)

0120−99−7777
(月〜土 ごご4時〜ごご9時
 12/29 〜 1/3はおやすみ)




電話をする際のアレコレ


次に、電話をする時に、皆が気になっている事を、
書きますね。


質問 些細な内容でも、電話していいの?
   虐待じゃないのかも、しれない。

答え それでも、電話をしてください。
   子どもは、虐待と思っていない事も、多いです。



質問 秘密は守ってもらえる?

答え 秘密はしっかり守ります。



質問 電話をした後は、どうなるの?

答え お父さんお母さんに、指導が入ったり、
   場合によっては児童養護施設で、保護します。

   子どもの事を、第一に考えてくれますよ。


友達が虐待を受けている可能性がある場合


自分の事では、ないけれど、
友達アザだらけに、なっていたり、

今日もご飯がないと、悲しがっていたりしたら、
それは、虐待の可能性があります。

友達は、自分自身では、我慢し過ぎて、
言い出せないのかも、知れません。

誰が電話をしたかは、しっかり守られるので、
虐待の疑いがあったら、友達の代わりに、
すぐに電話をしてあげて、くださいね。





親からの虐待は、心に深い傷を負ってしまいます。

この記事を読んで、自分は虐待されているのかなと、
思った子は、
我慢しないで、勇気を出して、電話をして下さい。

助けを求めれば、大人はちゃんと助けてくれますよ。

097060-300x225


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ