スポンサードリンク

虫刺されの腫れとかゆみ!原因と対処法は?

a1180_013900-300x200 気温が上がることにより薄着になる時期に、
多くみられるのが虫刺されによる腫れやかゆみです。

よく蚊に刺されやすい人の特徴としては、
体温が高い人の方が刺されやすいといわれています。

その為、大人に比べて体温が高めな幼い子供などは、
特に刺されやすい方だと言えるのです。

日本では約100種類ほどの蚊が生存していると言われていて、
好んで人を指す種類は約8種類ほどいるようです。

代表的で有名なのが『ヤブ蚊』と言われ、
主に草木が茂った所や水辺に多く繁殖します。

産卵のための栄養源を得る為に、
動物や人間の血をメスの蚊だけが吸うのです。


スポンサードリンク





虫刺されによる腫れやかゆみの原因


  • ブヨ
  • ダニ
  • ハチ
よく人間を刺す・咬んだりする、
代表的な虫たちです。

また虫の種類や刺された人の体質などで、
2種類の反応が見られます。

  • 即時型反応
  • 遅延型反応
即時型反応は、
紅斑やじんましん、ショック症状がすぐに出てますが、

これに対し遅延型反応は、
紅斑や丘疹、水ぶくれなどの症状が数日してから現れます

この現象は、人間の皮膚を虫が刺したり、咬んだりすることにより、
虫が持っている毒成分、や唾液成分が、体内に入りこむことで起きます。

体内に入り込んだ毒成分が、抗原(アレルゲン)となり、
体の中の抗体と反応して、ヒスタミンなどのかゆみの原因物質が、
分泌されることにより、かゆみや炎症などの症状が出るのです。

つまり多くの虫刺されなどは、
虫の毒成分などに対するアレルギー反応の一種なのです。

また毒成分が直接注入される際の物理的な刺激によっても、
皮膚などに炎症が起きてしまします。

このような症状は当然個人差があり
年齢や刺された頻度、体質によっての差が大きく関わります。

一般的に言われているのは、
アレルギー体質の方ほど症状が強く出ると言われています。

虫刺されの症状や対処法は?

a0790_000267-300x198 主にかゆみや腫れといった症状が見られますが、痛みもともなう場合もあります。

アレルギー反応には個人差がある為、刺された後の腫れ具合なども異なるのです。

アレルギー反応が強い方などの場合で、
稀に刺された箇所が、膿んで出血などを起こす場合もあります。

また子供などの場合は、
大人より新陳代謝が活発な分だけ、
症状(特にかゆみ)などが、強く出る傾向が見られます。

対処法としては、
刺されてから、まだかゆみが出ていない内に、
しっかりと石鹸をつけて洗います

刺された箇所に、石鹸を塗りこむようにして洗う事により、
後から出るかゆみの症状を、少なからず緩和できるのです。

しっかり石鹸を洗い流してみて、
一般的な症状のようであれば、市販の塗り薬などを利用し、
炎症を抑えるようしましょう。

もしも腫れがひどいような場合は、
早めに皮膚科を受診する事がお薦めです。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ