スポンサードリンク

紙の印刷サイズ!A4とB4はどちらが大きい?

印刷用の、紙のサイズって、覚えにくいですよね。
例えば、「A4とB4、どちらが大きい?」と聞かれても、
ピンとこない人も、多いのではないでしょうか。

私も、B4やA4などの、紙のサイズが覚えられなくて、
印刷設定では、いつも迷ってしまいます。
何か良い覚え方は、あるのでしょうか?

8ba90fc877c4cbf5671e7e72ecedf760_s-300x200

また、A判とB判の2種類の規格は、それぞれ
何のために作られたものなのでしょうか?

ここでは、印刷用の紙のサイズ一覧と覚え方や、
A判とB判の規格の違いについて
、ご紹介します。


スポンサードリンク





サイズの一覧

印刷用の紙のサイズを、大きい順にご紹介します。
A4とB4とでは、B4の方が少し大きいです。

  • A3 297×420mm
  • B4 257×364mm
  • A4 210×297mm
  • B5 182×257mm

コピー機やプリンタなどの、印刷機で使われる紙は、
この4種類の紙のサイズが、主だと思います。

サイズの覚え方

印刷用の紙のサイズを、大きい順に覚えるとすれば、
どの様に覚えればいいのでしょうか?

A3は、●●ウォーカーなどを雑誌を開いた大きさで、
A4は、その半分の、閉じた状態の大きさです。

B4は、週刊誌や漫画雑誌を開いた大きさで、
B5は、その半分の、閉じた状態の大きさです。

これでわかるように、A4はA3を半分にしたもの、
B5はB4を半分にしたものです。

A3、A4、A5、A6…と、数字が大きくなるほど、
紙のサイズは半分になって、小さくなる訳です。

これらのことを覚えていれば、大体の紙のサイズの
イメージがつきやすく、覚えやすいですね。

A判とB判の規格の違い

印刷用の紙のサイズには、A判B判があります。
規格の違いは、どういう所なのでしょうか?

調べると、A判は、ドイツから輸入した国際規格
B判は、日本独自の規格ということがわかりました。

国際規格ということもあり、
現在良く使われているのは、A判になります。

私達が出力する、印刷サイズとしては、
A4が、最もポピュラーで、馴染みがありますよね。

B判は、日本の和紙(美濃紙)を元に、
江戸時代に作られた、日本独自の規格になります。

以前はよく使われていましたが、最近は国際規格の
A判がメインになり、B判は減少傾向にあります。

A判とB判の使い分け

A判とB判の使い分けですが、
会議資料や大学のレポートなどの、
提出用の書類は、国際基準のA判を使用して、

社内や校内などの配布物や、私的な印刷物は、
日本規格のB判を使用するというように、
目的別に使い分けると、良いと思います。

f3798e0aff2446b83925ba7c36fb56aa_s-300x200

まとめ

いかがでしたか。
ここでは、印刷用の紙のサイズ一覧と覚え方
A判とB判の規格の違いについて、ご紹介しました。

私が以前勤めていた会社では、A判がメインで
使われるようになって、B判の紙が
大量に余っていたことを、思い出しました。

個人的に、B5の方がA4よりコンパクトで、
日本の規格ということもあり、愛着があります。

今回の記事で、紙の印刷サイズの覚え方や、
A判とB判の違いが、よくわかったので、
次からは、迷うことなく印刷出来そうです!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ