スポンサードリンク

窓の光を遮断する方法とは?気になるアイテムはコレ!

私、寝る時は部屋を真っ暗にしないと、
よく眠れません。

rest-and-relaxation_21107017-300x198

夜勤明けで帰ってきて、眠いのにも関わらず
カーテンから漏れる光が気になって。

それでも、今まで遮光カーテンで対応していた
のですが、暗闇には、後もう一歩でした。

そんな時に、部屋を真っ暗にするアイテム
ある事を知り、使ってみたところ、大満足!

これなら、安眠どころか、ホームシアター
写真の現像用の暗室にも活用できそうな
暗闇にできますよ♪

窓からの光を遮断する、とっておきの方法
紹介しますね♪


スポンサードリンク





遮光カーテン


遮光カーテンを使用すると、外からの大部分
光を遮る事が出来ます。

しかし、遮光カーテンの不十分な点は、
レールとカーテンの隙間や重なり合う部分からの
光の漏れがある事です。

solar-iris_2560752-300x223

完全遮光と言われる生地であっても、隙間を
完全に覆う事は難しいですね。

窓からの光を、ほぼを遮断できているからこそ、
小さな空間のが、余計に気になります。

この光漏れを解消するアイデア
見つけましたよ♪

光漏れ対策


このカーテンとレールの隙間からの光漏れを
なくし、窓からの光を遮断するアイテムが
カーテンボックスです。

カーテンレールの設置部分を丸ごと隠すので、
カーテンの上部まで被さる事になります。

レールと一体型のものや、DIY感覚で簡単に
後付けできるタイプなどもありますよ。

しかし、一筋の光も漏れないような遮断方法
と言えないのが、残念なところです。

安眠目的ならば、充分な光の遮断の具合です。
さらにもっと、真っ暗極めたい

そのためのアイデアを紹介しますね♪

遮光シート


遮光カーテンとカーテンボックスを併用しても
気になる光漏れには、さらにガラスフィルム
使用がオススメです!

光を遮る、ガラスフィルムを窓に張る事で、
窓からの光を遮断することができます。

外からの光を通す率を、可視線透過率と言い、
大体50%以上だと、暗さを感じない明るさ、
と言われています。

窓からの光を遮断するには、より可視線透過率
の数字が低いフィルムをおすすめします。

可視線透過率10%のガラスフィルムもあり、
10%であれば、単体で使用しても、かなり
暗くなりますよ。

特に、光漏れの気になる、窓とカーテンとの
両側の隙間に貼るといいですよ♪

さらにさらに、厳重な光の遮断を求めたい!
そんな欲求には、こんなアイテムも付加しては。

雨戸


窓の外側に付いている雨戸、最近の住宅では
あまり見かけませんね。

window-on-springtime_2279875-300x223

この雨戸、光の遮断能力はスゴイですよ!

部屋のに雨戸のあるアパートに
引っ越したのですが、雨戸を閉めておくと、
朝になっても日差しほとんど入ってきません。

雨戸を閉めておけば、カーテンを閉めなくても
問題ないぐらいですよ。

雨戸を取り付けには、工事も必要になりますが、
既存の窓に後付けできるものもありますよ。

まとめ


私の場合、最初は、夜勤明けの安眠確保
ための策でした。

しかし最近は、ある趣味に役立っています。
それは、ホームシアターです!

昼間でも、窓からの光を遮断する方法で、
ホームシアターでの映画鑑賞。

大好きな作品を、映画館さながらの雰囲気で
鑑賞できますよ♪


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ