スポンサードリンク

屋根工事の途中に雨!家づくりに支障はないの?

このところ、数日が続いていて、気掛かり
ことがあります。

建設中の新居の上棟も済んで、屋根工事
入ったところなのですが、この雨続き

屋外の工事だから、天候に左右されることは
もちろん承知なのですが、やっぱり心配です。

happy-waterdrop-bspo06_19-100905-300x224

屋根工事の途中に、雨が木材に浸み込み、
カビが生えてこないだろうか・・・。

出来上がってから支障など、出てきたら?
考え始めると、次々と心配事がわいてきます。

考えていても、しょうがない!
大事なマイホーム!とことん、調べてみました。


スポンサードリンク





屋根工事の工程とは?


まずは、新築での屋根工事、どんな工程
進んでいくのでしょうか?

屋根工事は、上棟が済んでから行います。

上棟とは、屋根の一番上の木材を取り付けが
完了することを言います。

  1. 初めに、屋根の下地の工事から行います。

    屋根の骨組みの上に、瓦やスレートの下地用の
    野地板を釘張りしていきます。

  2. 次に、野地板の上に、下葺材の施工をします。
    ルーフィングと言われる、防水シートです。

    このルーフィングが、瓦の下に入り込んだ
    雨などの水を、屋根の内部に入らないように
    外部に流す役目をしています。

  3. 屋根工事の肝の、ルーフィング施工が終わると、
    をのせていきます。

私の場合、ルーフィング施工が終わった段階で、
この雨に降られて数日・・・のところです。

roofing_19-132302-300x199

雨の中、建設中のマイホームを覗いてみると、
屋根のルーフィングから、が下に落ちてきて
木材が濡れていました。

木材全体はもちろん、内部もこんなに濡れて、
大丈夫なのかしら?

住宅メーカーの担当者に聞いてみたところ、
特に問題もないようでしたが、やっぱり心配。

ちょっと神経質なのかな、とも思いましたが、
生涯最大の買い物のマイホーム

自分で納得できるよう、調べてみることに
しました。

木材は濡れても大丈夫なの?


その辺でよく目にする、放置され雨風に
さらされ朽ちた木材や枯れ木。

そんな負のイメージで、建築の木材を捉えて
しまいがちですね。

実は、建築用の木材は、人工的・自然に
乾かした乾燥材が使われることが多いのです。

使用する乾燥材の含水率の基準は、
用途に応じて違いがありますが、大体15~20%
と言われています。

含水率が大体30%以下で、安定した強度
耐久性を発揮します。

乾燥材は、木材のの部分から乾燥させ、
それぞれの木材の含水率にムラのでないよう、
配慮した材質だといえます。

昔の大工さんのように、木材1本からこだわり
時間をかけて建築していく、そんな工法は
数少なくなってきています。

現代の建築では、強度が優れ、品質の管理
できた乾燥材を使用することがほとんどです。

株式会社ADS計画研究所の実験によると、

2日間水に浸けた木材は、雨の当たらない
場所に置いた場合、3日で元の状態に戻る!
晴れならば、2日で乾く!


案外、早く乾くことに、拍子抜けです。

木材の内部から乾燥させてある乾燥材は、
表面に水分が当たっても、容易には
浸みこまない事がわかりますね。

カビが生えていたら?


雨に濡れても、数日で乾き、元の状態になる
という事がわかり、安心したのですが、

カビが生えていたら、どうなるんでしょう?
やっぱり、心配です。

mildewed-wood_2875374-300x192

カビの問題も、調べてみましたが、こちらも
心配無用でした。

かびは、自然界のどこにでも存在するもので、
もちろん私の家の風呂場にも・・・。

梅雨の時期はカビが生えやすい、と言うのも、
カビにとって、好条件が重なるからなんです。

気温20~30℃、湿度60~80%であれば、
どこにでも生えてくる可能性はあります。

ですが、カビは乾燥が大嫌いです。

一度は生えたカビでも、乾燥すれば増殖できず、
根っこもろとも枯れてしまいます。

よって、乾燥材を使用する場合、雨が止んでから
数日間の乾燥のための日にちの間に、カビは
根絶やしにされている、という事になりますね。

屋根工事の途中に雨に濡れても、問題はない!
調べてみて、本当の事がわかり、安心しました。

まとめ


雨も明日には止み、晴れの日が続きそうです。
太陽に、しっかり乾かしてもらわないと!

早く出来上がってほしい、マイホームですが、
雨の日も考えて、焦らずゆっくりでいい!

すっかり、心のモヤモヤも晴れました。
ちゃんと調べてよかった!爽快な気分ですよ♪


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ