スポンサードリンク

子供一人が成人するまでにかかる費用は?

私には現在、3歳になる子供がいます。
これから、幼稚園や小学校など、
何かとお金がかかる時期に入ってきます。

469ad78187f1d71f0d5f1ab139e9893b_s-300x200

子供には塾や習い事もさせたいし、
もちろん大学まで、行かせてあげたいです。
それにはとにかく、お金が必要ですよね。

そこで、少しでも子供にかかるお金を
貯金しておきたいのですが、

子供一人が成人するまでにかかる費用は、
大体、どのくらいなのでしょうか?

ファイナンシャルプランナーをしている
友人がいるので、話を聞いてみました。


スポンサードリンク





子供が成人するまでにかかる費用

ファイナンシャルプランナーの友人曰く、
子供一人を成人まで育てるとなると、
お金は3,000万円くらいかかるとのことです。

「だから、今から準備して、将来に備えるのは
大切なことだと思うよ。」と、話してくれました。

費用の内訳

    【養育費】
  • 妊娠出産費用 約90万円
  • 20年間の食費 約700万円
  • 20年間の衣服費 約150万円
  • 20年間の医療&理美容費 約170万円
  • 20年間のお小遣い 約450万円
  • 所有物(おもちゃ・ゲーム・自転車など) 約90万円
  • 合計 約1,650万円
    【教育費】
  • 幼稚園(公立)約60万円 (私立)約120万円
  • 小学校(公立)約270万円 (私立)約770万円
  • 中学校(公立)約200万円 (私立)約400万円
  • 高校(公立)約190万円 (私立)約420万円
  • 4年制大学(国立)約450万円 (私立文系)約550万円
  • (私立理系)約650万円 (私立医理系)約2,900万円
    合計(すべて国公立) 約1,170万円
養育費と教育費(すべて国公立)を合計すると、
約1,650万円+約1,170万円=約2,820万円

ざっくり言うと、子供一人が成人するまでに
かかる費用は、約3,000万円ということになります。

これは、すべて国公立の学校に進学した場合で
算出しているので、私立の学校に進んだ場合は、
もっと多くの費用が、必要になります。

養育費と教育費(すべて私立)を合計すると、
約1,650万円+約2,260万円=約3,910万円

さらに、大学で1人暮らしをすることになったら、
その分、家賃や生活費がかかるようになります。

829499708a199fd6082039a054e52dfa_s-300x200

まとめ

いかがでしたか。
子供一人が成人するまでにかかる費用について、
友人に聞いた話を、まとめてみました。

子供一人にこんなにお金がかかるなんて、
知らなかったので、驚きました。
気軽には、産めないですよね。

友人によると、子供が学校に行く前が、
最もお金が貯めやすい時期とのことです。

今のうちに、できるだけ節約して、
貯金を増やしておこうと思いました!

将来、子供が私立に進学することになったら、
私もフルタイムで働くなどして、
家計を支えていこうと思います。

子供が成人するまでにかかる費用について
知りたい人は、ご紹介した内容を、
参考にしてみて下さいね!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ