スポンサードリンク

妊娠した妻へ贈るベストプレゼント!

赤ちゃんを授かった!
なんともいえない幸福感が、こみあげてきますね。

c84763f6863f1aa2f004a382672fa71a_s-300x198
そんなとき、妻に何かプレゼントをしたいんだけど、
って思う男性が、最近多いみたいですね。
なんて、優しいのでしょう。

妊娠した妻に贈るプレゼント、何が喜ばれるのか
考えてみました。


スポンサードリンク





妊娠がわかったときには

fbeae473f433df1691264f7fe96e24b6_s-200x300 初めての妊娠のときは、不安も多く、喜びもあるけれど、
これからわたし、大丈夫かしら、無事に産めるかしら、
といったことで、胸がいっぱいになることもあります。

品物ではなく、気持ちのプレゼントとして、メール
妊娠の喜びを伝え、これから一緒に、頑張っていこう、
などというメッセージを、贈ってはいかがでしょう。

安産のお守りは、人によって喜ぶかどうか、
分かれるので、奥さんや夫婦の価値観で、
考えてみてください。

ただ、出張から帰ってきて、
「安産祈願ができる神社が、あったから」
なんて渡されると、ちょっと嬉しいかも。

離れていても、考えてくれていたことを、実感します。

妊娠初期は、体も不安定なので、品物だったら、
後に残らないものが、いいかなって思います。

もしものとき、その品物を見て、さらに、
すごく悲しくなってしまうから・・・

花束とか、つわりがひどくなければ、
好物のフルーツの盛り合わなどは、いかが。

プレゼントらしく、リボンをかけて、きれいに
ラッピングしてもらってくださいね。



妊娠中のプレゼント


安定期に入って、食欲も旺盛になっているころの、
プレゼントでしたら、一緒にディナーはいかがですか。

マタニティウエアも、このごろは、とてもお洒落です。
すてきなデザインのものが、多いので、お出かけも、
しやすいですね。

体が安定したら、落ち着いたすてきなレストランの予約を!
胎教にも、きっといいと思います。

洋服のプレゼントは、出産後は、サイズが、
変わってしまうので、スカーフや、肌触りのいい、
ふわふわタオルなどに、するといいです。

とにかく、このころのプレゼントのポイントは、
気持ちが安定するもの

奥様の精神状態が、お腹の中の赤ちゃんにも、
すごく影響がでます。

おいしいものを、食べる、やさしいものに触れている、
そして、何より、優しく見守ってくれている旦那様が、
そばにいてくれる、最高ですね!

a64eeab69eee16080a1df84944a4e5a9_s-200x300

出産後のプレゼント


これは、もうおじいちゃん、おばあちゃん、友人、知人、
みなさんが、お祝いしてくれたり、プレゼントくださったり、
にぎやかで幸せな時が、訪れますね。

cdf9dbec8f8c1abc30a2fd770ef9a655_s-300x200

さて、ここで、みなさんがくださった、
お祝いの品物を、見てみましょう。

たぶん、ほとんどが、赤ちゃんのものだと思います。
愛しい妻あてのものは、ないのではないでしょうか。

もちろん、赤ちゃんのものが、一番嬉しいと思いますが。
ここで、愛妻にプレゼントです。

海外ドラマなどでは、病室で、さっと花束をプレゼント。

わーっと、喜ばれるようなシーンがありますが、
赤ちゃんも、同室の場合、病院によっては、
花束は、持ち込み制限されることもあります。

無事に出産を終えた時の、ねぎらいの言葉のプレゼントは、
ずっと後まで、心に残ります。
照れずに、ぜひ、声をかけてあげてほしいと思います。

品物は、日ごろ欲しがっていたものがあれば、
それが、一番だと思います。

赤ちゃんがいるから、装身具は向かないなどと、
言う人もいますが、わたしは、いいと思います。

指輪やネックレスなどは、赤ちゃんといわれる時期の、
子育てが終わってからでも、身に付けることができます。
いい記念になり、一生大切にします。

はじめのうちは、寝不足が続いたり、
慣れない赤ちゃんの世話が、
あったりで、へとへとです。

わたしは、このころ自分の時間が、欲しかったです。
安心して、預けられるところに預け、赤ちゃんの心配を、
しないでいられる時間が、欲しかったですね。

少しの時間でも、育児から解放してあげられると、
また、次、頑張れます。
そんな、時間のプレゼント、できたらいいですね。

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s-300x200

おわりに


イクメンっていう言葉も、もう新しくない感じですが、
単に家事をこなす人を、イクメンというのではないと
聞きました。

妻への愛と心づかいを忘れない、子育てを楽しめる、
カッコイイ男の人のことだそうです。

結構、豪華な品物などではなく、プライスレスな愛情を、
望んでいるのではないでしょうか、あなたの愛妻さんは。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ