スポンサードリンク

冗談が通じない彼女は敬遠される!?性格や特徴とは?

友人とランチをしていた時の事です。隣に20代半ばくらいかなと思われるカップルが座っていました。

私と友人は最初自分たちの話に夢中でしたが、隣のカップルの彼女がガタンっと席を立ち去って行ったことで、私たちの興味は残された彼氏の方に注がれました。


彼氏は独り言で「ったく!ホント冗談通じないやつだよな」とため息をつきながらスマホを手に、恐らく彼女に連絡していたのでしょう。少しして、彼もお店を出ていきました。

それを見ていた私たちは、まぁ、付き合ってれば色々あるよねぇなんて話から、冗談が通じない彼女って実際どうなんだろうね?という話題に。

冗談が通じない彼女はやっぱり敬遠されるのか?余計なお世話ですが、気になってしまったので冗談が通じない人の性格や特徴を調べてみました。


スポンサードリンク






冗談が通じない人の性格



「冗談が通じない」人の性格は、主に二通りあるようです。一つ目は、基本的にとても真面目な人、二つ目は世間知らずなタイプの人です。

根がとにかく真面目な人は、どんな状況でも浮つくことがありません。冗談だとわかったとしても、「今そんな冗談を言っている場合か」と怒るか、「くだらない冗談ばっかり」とイライラしてしまいがちです。

もう一つの世間知らずなタイプは、天然というか純粋すぎるというか……。世間知らずなので、ある人が冗談で言った事でも真に受けて本当の事だと信じてしまうタイプですね。

このタイプは、本人が冗談を言われたからといって、怒る事もないでしょう。周りから呆れられる事はあっても、本人は素直な性格ですし、敬遠されるようなことはなさそうです。

冗談が通じない人の特徴

冗談が通じない人には、どのような特徴があるのか、いくつかあげてみます。

プライドが高め


プライドが高いせいで、冗談を言われたことで馬鹿にされたと思ってしまう人が多いようです。

冗談の度合いにもよるでしょうし、冗談のセンスにもよりますが、大抵は真に受けて怒ってしまう人が多いです。後で、冗談だと説明してもわかってもらえないことが多いので、周囲も面倒くさくなり敬遠されてしまいがちなタイプです。


相手の顔を見て話をしていない


冗談を言い合える相手は、親しい間柄が多いですよね。打ち解けていない人に、冗談なんてなかなか言えません。冗談を言い合える仲なのに、言われた方が機嫌を損ねてしまうことがあります。

冗談が通じない人は、相手の顔を見て話をしていない特徴があるようです。顔を見ていれば、相手が本気で言っているのか冗談なのかはわかるはずですよね。

また、相手の話をよく聞いていない人も、冗談に気づかない事が多いです。話の流れがわかっていないので、冗談の部分だけが切り取られてしまうんです。「なんで急にそんなこと言われなきゃいけないの?」なんて勘違いで腹を立ててしまう事があるようですね。

冗談を言う側の問題


相手の容姿や持ち物、服装などをネタに冗談を言う事もあるかと思います。ですが、言っていい冗談と悪い冗談があります。彼女の事を「冗談が通じない女で面倒」などと周囲に愚痴る前に、彼女の事を傷つけていないかよく考えてみる事も必要ではないでしょうか。

冗談を言う側にとって重要な事じゃなかったとしても、本人からすると、本当は気にしていて悩んでいる事かもしれませんよね。

また、自分と相手との関係性にズレや温度差がないかも見極める必要があるかと思います。自分はどんな冗談を言ってもいいくらいの間柄と思っていても、相手はそこまでの間柄とは思っていない場合もあるので気をつけましょう。

まとめ


冗談が通じない人との付き合いは確かに少し大変なところもあります。「自分は冗談で言っているのになんであんなに怒るんだ」なんて事が続くと、疲れてしまいますよね。

あまりにも冗談が通じないとやはり敬遠されやすいのかもしれませんが、冗談を言う方も考えないといけません。

私と友人が遭遇したあの時のカップルは、どんな冗談が彼女を怒らせたのかはわかりませんが、あの後ちゃんと仲直りできてるといいなと思います。

お互い嫌な思いをしてまで付き合う事はないですが、冗談が通じない相手だとわかっているなら、その人にあった接し方をしてあげればいいのではないでしょうか。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ