スポンサードリンク

児童の電話相談!どこに電話すればいいの?

今の時代、
様々な問題を、子どもから大人まで抱えます。

子どもたちが、問題を抱え、誰にも、
相談できないような状況になる可能性が、あります。

084526-300x286

その際、利用できるところとして、
児童相談所」を含め、
電話で相談できるところが、存在します。

ここに、電話で相談できるのですが、
どのような仕組みに、なっているのでしょうか?
また、どのように利用できますか?


詳しく紹介します。


スポンサードリンク




電話で相談できるところ!


電話で相談できるところは、国が用意している所と、
民間が行っている所があります。

どちらも、家庭での悩み、例えば、子育てについてや、
虐待を受けていることなど、子どもたちに関係することを、
何でも相談できます。

いじめ、ひきこもり、不登校など、
簡単には解決できないようなことも、
相談に乗ってくれます。

日本全国どこにでも、このようなシステムが、
用意されているのは、うれしいことですね。

その中の一つでもある、「児童相談所」とは、
どういうところでしょうか?

18歳未満の子どもに関する相談を、
本人・家族・学校の先生・地域の方々など、
どんな人でも、できます。

ここの目的は、子どもたちの成長のため、
問題解決を、助けることです。

この相談所に直に行って、相談もできますが、
電話で、相談することができます。

では、どこに電話ができるのでしょうか?

094592-300x227

児童相談全国共通ダイヤル


電話のできるところとして、
児童相談所全国共通ダイヤル」があります。
電話番号 → 0570-064-000

ここに電話すると、
相談者が住んでいる地域の児童相談所に、
電話でつないでくれます。

ちなみに、この電話番号は「有料」です。

有料の理由は、もし無料ですと、
いたずら電話などをする人が出てきて、
相談所の仕事に支障がでます。

本当に相談がしたい人のため、
このようなシステムを取っています。

では、
ここに名前を名乗らず、相談ができるのでしょうか?
できます!

連絡・相談は、匿名ですることができます。
連絡者や連絡内容に関する秘密は、守られます。

チャイルドライン


児童相談所のほかに、「チャイルドライン」という、
電話で相談に乗ってくれるところが、あります。

電話番号 → 0120-99-7777 無料
毎週月~土の午後4時から午後9時まで電話できます。
アドレス:www.childline.or.jp

栃木・埼玉・東京・山梨・愛知では、
日曜日も、電話がつながります。

ここは、親やその他の人が電話するのではなく、
子どもが電話をかける!」ところです。

「子どもの権利条約」に基づき、主役は子どもです。
ここは、次の4つを守ることを、約束しています。
  1. 秘密を守る
  2. どんなことでも、一緒に考える
  3. 名前を言わなくてもいい
  4. 電話を切りたいときは、切ってもいい
ですから、この組織は、
子供たちの話を聴く、プロ集団です。

ここは、民間の組織ですが、
文部科学省・厚生労働省・総務省・内閣府なども、
後援
しています。

まとめ


これらの電話相談により、毎日、
様々な所で起きている、虐待解決に役立っています。

内容によっては、学校や家庭に相談内容が伝えられますが、
原則、相談内容は、「秘密」に守られます!

児童の電話相談により、
子どもたちの置かれている状況が、
良くなっています。

努力はしたが、問題の解決に向かわない場合、
迷わず、これらを利用しましょう。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ