スポンサードリンク

事故の連絡!警察にはどうすれば良いの?

交通事故は、起こした方も巻き込まれた方も、
本当にショックな出来事ですよね。

事故の直後はパニックになり、
頭が真っ白になる人も、多いと思います。
私も事故に遭った時、そうでした。

0739e3ce9adaeb50009efb8659365088_s-300x200

でも、きちんと警察に届け出をしたり、
交通事故に遭ったら、しなければならないことが
意外と多いので、注意が必要です。

ここでは、私の経験をもとに、
事故の連絡を、警察にはどうすれば良いのかを、
ご紹介します。


スポンサードリンク





警察への連絡がどうして必要なの?

事故を起こした加害者側の場合は、
警察への届け出は、義務化されています。

もし、警察に届け出る義務を怠ると、
3ヶ月以下の懲役、または5万円以下の罰金
に処せられます。(道路交通法72条1項)

また、交通事故を起こした場合、
自賠責保険や任意保険で、保険金を受け取るためには、
警察への届け出を、必ずしなければなりません。

警察へ届け出ることで、
保険金請求の際に必要な「交通事故証明書」を、
発行してもらうことができます。

示談になりそうな時も、保険金請求のためには、
この交通事故証明書がいるので、
警察に連絡した方がいいです。

どの様にすればいい?

事故発生後、ケガ人がいる場合は救護措置
消防への連絡(119番)を優先します。

事故で119番へ連絡した場合、自動的に、
警察(110番)へも連絡がいく仕組みに
なっているので、警察への連絡は不要です。

ケガ人がいない場合は、
すぐに、警察(110番)へ、連絡しましょう。

連絡した後にどうすれば良い?

警察への連絡が終わり、落ち着いたら、
加入している、自動車保険の保険会社に、
必ず連絡しましょう。

事故・故障時の連絡先がありますので、
そちらにかけると、専任のスタッフが
対応してくれます。

その後は、保険会社の専任スタッフが、
あなたに代わって、事故関係者に連絡をとり、
解決までの方針を立ててくれます。

あなたが被害者側の場合は、事故を起こした
相手側の連絡先、できれば職場の連絡先まで
聞いていた方がいいと思います。

もし、あなたが事故を起こしてしまった
加害者側の場合は、被害者の方の連絡先を
聞いておき、謝罪に行きましょう。

事故を起こした当日中菓子折りを持って、
被害者の方の自宅まで、伺います。

保険会社による保険金などの手続きと、
事故の謝罪は、別モノです。

事故後に、被害者の方や、
ご家族に会うのは、とても気まずいですし、
嫌味を言われるかもしれませんが、

必ずあなた自身で直接会って、
誠心誠意、お詫びをしましょう。

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_s-300x225

まとめ

いかがでしたか。
事故の連絡を、警察にはどうすれば良いのかを、
私の経験をもとに、ご紹介しました。

不注意で事故を起こしてしまった場合、
暫くは運転するのが、恐くなると思います。

また、ケガをした場合、通院や入院が
必要になり、ダメージが大きいですよね。

事故はないに越したことはありませんが、
もし、事故に遭ってしまったら、
必ず警察に、連絡するようにして下さいね!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ