スポンサードリンク

レギュラーとハイオク!簡単な見分け方は?

車の種類で、「レギュラー車とハイオク車」と
分けられて、いたりしますね。

プロでなくても、
これは「レギュラー車」、あれは「ハイオク車」と、
見分けることができるのでしょうか?

見分ける方法を、あなたにお教えしましょう!

092198-204x300

この記事では、
「レギュラー車とハイオク車の見分け方」
「ガソリンの見分け方」の2種類を、ご紹介します。


スポンサードリンク




レギュラー車とハイオク車


見るところは、ここ、つまり「給油口」です!
ここに、大抵、書かれています。

ここに、「P」、または、
「無鉛プレミアムガソリン」と書かれていれば、
それは、「ハイオク」車です。

「R」もしくあh「無鉛ガソリン」と、
シンプルに、書いてあれば、
それは、「レギュラー」です。


しかし、もし、車の給油口にシールが、
貼ってなくて、「どうしよう?」という場合、
こんな方法も、あります。

それは、その車の中に入っている、
ガソリンを、「直に見る」です!

見分けるのに、いくつかのポイントがあります!
ひとつひとつ、見ていきましょう。

レギュラーとハイオクの違い


オクタン価


まず、見た目ではありませんが、一つ見てみましょう。
それは、「オクタン価」です。
情報として、理解しておきましょう。

このオクタン価の意味は、
エンジンで安定してガソリンが燃える値」です。

安定して燃えれば、車の馬力も出て、
さらに快適に、走行することができます。

では、レギュラーとハイオクの、
「オクタン価」は、いくつでしょうか?

レギュラー→90~96
ハイオク→96以上(大体98~100)

この数値から、わかるように、
ハイオクは、高性能なのがわかりますね!
名前の通りです!

オクタン価を知りたい時に、こんなものも使いえます。
それは、「オクタン価検査キット」です。
カー用品店やホームセンター等で、購入しましょう。

見た目

では、続いて、「見た目」です。
このガソリンを、比べてみましょう。

軽油とガソリンの見た目の違いは、すぐにわかります。
「軽油」は、黒っぽい・緑色っぽいです。
白く濁っているようにも、見えるかもしれません。

「ガソリン」つまり、
レギュラー・ハイオクは、ピンク色です。
淡いピンク色に、見えるでしょう。

この「レギュラー」と「ハイオク」の、
見た目の違いですが、大変難しいです。

レギュラー」は、淡いピンク色、もしくは、
オレンジっぽく見えるピンク色に、見えるでしょう。

そして、「ハイオク」は、
薄紫色にも見えるキレイなピンク色です。

実際、軽油とガソリンは、着色しているので、
色で、見分けがつきます。

ガソリンに添加剤を入れているので、色があります。
元々ガソリンは、無色透明です。

素人では、難しいですが、
目を、ならせていきましょう。
あなたも、見分けられるようになります!

におい

068407-277x300

では、「におい」で、区別がつくのでしょうか?
簡単に説明すると、こうなっています!

「レギュラー」は、いかにもガソリンというにおいですが、
「ハイオク」は、ツーンとした、キツイにおいです。

どちらも、長く嗅ぐことができませんが、
とりわけ、ハイオクは、
レギュラーよりも、刺激的なにおいです。

においを、嗅ぎ続けると、
気分を害し、気持ち悪くなってしまいますね。

排気ガスで、レギュラーとハイオクで違いが出るか、
という質問もあるかもしれませんが、
現在では、排気ガスでの違いは、わかりません。

なぜかというと、1983年以前は、
ハイオクは、「有鉛ハイオク」が主であったので、
鉛の有無の為に、排気ガスの臭いでわかりました。

しかし、今は「無鉛ハイオク」しかないので、
排気ガスの臭いで、違いを発見することはできません。

まとめ


いかがでしたか?
これで、あなたもガソリンスタンドで働く人のように、
レギュラーとハイオクを、見分けることができます!

この違いが、「見た目」と「におい」で、
わかれば、ほかの人に自慢できることでしょう。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ