スポンサードリンク

ホッチキスで針なしの商品!おすすめの3選♪

小学校のクラス役員の会合で色々な資料を留める時に、最近、変わった形のホッチキスを持参するママ友がいるんです。よく見ると、針を使っていないのです!しかも、書類に穴が開かない優れ物!

使い勝手も含めて、おすすめ商品かどうかを聞いてみたのですが、ママ友曰く、『これがまた色んな種類の物があって、選ぶのも大変だったんだよ。』ですって。

更によく聞くと、針を使わないタイプは、物によって、留められる枚数や留める時の形状も異なるので、用途を考えて購入した方が良いとの事でした。



偶然、夫も針を使わないタイプの物を私用で欲しがっていたので、バラエティショップに行って探してみたところ、ママ友の言う通り、色んな種類があって、かなり迷いました。


スポンサードリンク






針なしホッチキスの種類

針を使わないタイプと言えば、今までよく目にしていたのは、針を使わない代わりに紙に穴をあける物でした。ところが最近では、書類に穴をあけないホッチキスもあるんです。

まずは、従来の、針をつかわない代わりに紙に穴をあけるタイプのものから紹介します。

紙に穴が開く針を使わないタイプ

針を使わないタイプでよく見かける物と言えば、この穴が開くタイプが多いと思います。紙に穴を開け、紙を折りこむことで書類を綴じます。

メリットは、

  1. 子どもを含め、誰でも安心して使える。
  2. シュレッダーにかける時にそのままかけられて、便利。
  3. 紙を折りこんで綴じるので、ホールド力が比較的強い

という点です。

デメリットは、

  1. ホールド力が強い分、綴じた後にバラバラにしなければならない時に面倒。
  2. 書類に穴を開けるので、当然ながら大事な書類には使えない

という点が挙げられます。

紙に穴が開かない針なしのタイプ

今までの針を使わないタイプとは異なり、穴が開かないのは、紙をプレスする事で紙を綴じます。ただ、やはりメリット・デメリットもあるようです。

メリットとして、最初の2点は穴が開くタイプと同じです。気になるのは、

  1. 書類に穴を開けないので、大事な書類にも使える
  2. 綴じた後でも、簡単にバラバラにする事ができる。

という点です。

という事は、デメリットとして挙げられるのは、

  1. プレスで綴じる為、綴じられる枚数が少ない
  2. ホールド力が弱い
  3. 正確にしっかりプレスしないと留まらない為、急ぐ時にはあまり向いていない。

という点です。

以上を踏まえた上で、おすすめの針なしタイプのホッチキス3商品をご紹介しますね。

プラス 針なしホッチキスペーパークリンチ6枚とじ

これは紙に穴が開いてしまいますが、優れている点として、

  • 綴じる部分が透明になっているので、針を使うタイプと同じように綴じる位置を確認できる
  • 『カチッ』という音がするので、綴じられた事を確実に確認できる。
  • 綴じる時に出た紙くずがケースに収納され、ワンタッチで捨てる事ができる。
  • コンパクトなので、軽い力でも綴じる事ができる。

と、従来の針を使うホッチキスとの差をあまり感じさせない為、ストレスを感じず使えるところがおすすめです。

因みに、参考小売価格は600円(税抜き)と、お得なので、お財布にも優しいですね。ただ、書類に穴が開いてしまう、というデメリットが解消できないのが残念です。

コクヨ ハリナックスプレス針なしステープラー

これは最近見かける、針を使わず紙に穴を開けないタイプの中で、最もおすすめの商品です。優れている点として、

  • 紙に穴が開かないので、大切な書類にも使える。
  • ホールド力の弱さは辺綴じで、見開き状態にすることで強化できる。
  • 外す時も、綴じたところを擦れば綺麗に外すことができる



  • 因みに、参考小売価格は1,100円(税抜き)と、ホッチキスにしては少し割高かもしれません。ですが、値段以上に書類に穴を開けず最大5枚綴じられる、というのがこの商品の最大のメリットでしょう。


    ただ、綴じる場所が角綴じの場合は問題ないのですが、辺綴じの場合、用紙の端から2ミリの位置と、書類の端気味になってしまうのは、少し不安な点でもあります。

    コクヨ ハリナックスハンディ 10枚綴じ

    これは紙に穴が開きますが、針を使わないタイプの中では、最もおすすめの商品です。というのも、

    ・2016年9月現在で業界最大の、10枚綴じる事ができるので、色々なシーンで使える。
    片手で、簡単に綴じる事ができる。
    ・綴じる部分が透明なので、針を使うタイプのように位置が確認できる
    ・2か所留めをすることで、少ない枚数でも綴じる事ができる。
    ・ストラップを取り付けられるので、持ち運びにも便利

    こちらの参考小売価格は1,050円(税抜き)とホッチキスにしては、やや値段は張りますが、機能を加味すれば妥当なお値段ではないでしょうか。

    まとめ

    色んな種類の針なしタイプがある中で、おすすめのものを3つ選んでみました。

    お店には夫と行ったのですが、2人でさんざん悩んだ挙句、私は学校で使う書類には穴は開けたくないので、穴が開かないタイプのホッチキスを購入。

    夫は私用でサクサク使いたいとのことで、10枚綴じる事ができるタイプのホッチキスを購入しました。

    確かに、用途をよく考えて購入しないと迷うほど、色んな種類の針なしホッチキスが出回っているんですね。

    私達は個人的な理由で購入しましたが、商品のポップには『食品会社が取引先でも、安心して使えます』とか『三角くじの作製に便利!』とか、書かれていて企業や団体向けにも需要がありそうです。


    針なしホッチキス!ちょっと気になって来ました。


    スポンサードリンク



    あわせて読みたい関連記事

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ