スポンサードリンク

ディーラーによる価格の違い!その理由とは?

車や、電化製品など、高い買い物ですよね。
安くなるのであれば、もっと安くして欲しい。
と、誰もがそう思います。

business-people-silhouettes-free-graphics_23-2147490919-300x211

広告や、チラシを見てると、同じメーカーなのに
あの店と、この店とでは、価格が違う!
ということを、よく目にしませんか?

また、値下げの商談を、するときも、
ディーラーA社と、ディーラーB社とでは
価格が違います。

同じメーカーで、同じ系列の姉妹店でも
価格が違ってくるのです!

本当に、不思議ですよね。
なんでだろうと、疑問に思う方も
多いのでは、ないでしょうか?

そこで、なぜ、ディーラーによって
価格が違うのかを、ご説明させていただきます。


スポンサードリンク





ディーラーについて簡単な説明

image4-300x240

私たちの国、日本は1960年から、
様々な分野でも、海外に、対抗できるよう
常に、技術の進化と進歩を、追求してきました。

その基盤となったのがが、大手企業です。

各企業が、さまざまな製品を開発し、
その製品を、直属の販売業者に、販売させることで
世に流出しさせ、膨大な、利益を生みました。

その販売業者の事を、「ディーラー」といいます。

ディーラーは、「企業直属のディーラー」と
「独立したディーラー」の、2つに分けられます。

企業のディーラーは、必ず
その企業のものを、販売します。

一方、独立したディーラーは、そういった決まりはなく
各企業のディーラーから、品を買取り
お客に、販売することが、できるのです。
image3-300x246

独立したディーラを、例えで、挙げると
電化製品を、販売しているお店が、
そまさに、そうですね♪

いろんなメーカーから、品を買取・取り寄せ
店内に、並べられています。


ディーラーによって価格が違うその理由は?


では、本題に、移ります。
ディーラーによって、価格が違う理由
主に、3つ挙げられます。

1、企業が、直属のディーラー同士を競争させている

企業は、各地に、多数
直属のディーラー店を、設置しています。

各店に、「店舗ノルマ」を設定して
同じ地域で、売上を競争させることで
さらなる売上の、向上を、計っているのです。

企業の製品を、お客に、購入してもらわなければ、
店の売上を上げることは、できません。

どこの店よりも、価格を下げるサービスする事で、
お客を呼び込んでいるのです。

それにより、同じ製品でも
ディーラー店によって、価格が、違うのです。

価格競争=お客の取り合い
と言っても、過言ではないでしょう。

2、ディーラー店の職員同士も競争している

実は、ディーラー店の中でも
職員同士が、個々に、売り上げノルマを
競争をしているのです!

なので、どうしても、自分の売上を上げて
ノルマを、達成したい職員は、ほかの職員より
値下げを、する事があります。

なので、
同じ店の職員でも、価格が違うことがあるのです。

この理由には、驚きが、隠せません。

3、企業ディーラーと独立ディーラー

企業ディーラー同士の、価格競争の背景には、
「企業の売上を上げる」目的にあります。

しかし、独立ディーラーには、そういった
しがらみ」は、ありません。

販売方法も、自由が利くのが、特徴で
いろんな企業の製品が揃って、品数が豊富なことから
お客も、足を運びます。

企業ディーラーは、独立ディーラーに
お客を取られないように、価格を下げ対抗します。

一方、独立ディーラーも、利益を生むことに必死です。
お客を取られまいと、値下げを頑張ります。

こうした、企業ディーラと独立ディーラーの
価格競争によって
また、価格が違ってくるのです。

まとめ

077307-300x228

ディーラーによって、価格が違うという実態ので、
ディーラー達は、売上の競争を、していたのですね!

この売上競争の現象は、
高度成長期から始まり、今に至ります。

そして、これからも、日本が先進国であるかぎり
この競争が、なくなることは、ないでしょう。

少しでも、安く手に入るという事は、
私たち、お客の財布に、優しく
私たちが、購入することで、利益が生まれます。

物価や、税金が上がる一方なので、
私たちには、ありがたい仕組みですね。

以上が、
「ディーラーによって価格が違う理由」でした(^^)


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ