スポンサードリンク

クローゼットに収納棚を作る!DIYで自分好みに♪

我が家のクローゼット、使い勝手が悪くて、
困ってます。

a0006_002874-300x198

最初は、大した荷物もなかったガランとした
空間に、年月も経ち、荷物も増えてきました。

しかも、ごちゃごちゃしてるし、何が何だか、
どうなってんだか・・・。

段ボールや、衣装ケースにしまった荷物は、
取り出すのも一苦労です。

いい加減、何とかしなくては!
整理整頓して、荷物が置けるようにしたい!

今やらずに、いつやる?!一念発起して、
クローゼットの収納棚をDIYしてみましたよ♪


スポンサードリンク





可動式の収納棚が便利♪


私がオススメするDIYの棚は、収納する物の
高さや大きさに合わせて、調節可能な棚です。

自分の好みで、棚板を変える事ができれば、
使い勝手が、ダントツによくなりますよ!

この棚を作るには、壁面にレールを取り付ける
事が、重要なポイントになりますよ。

まずは、材料から紹介しますね。

可動式収納棚の材料


  • ダボレール 4本

    レールには、棚を受けるがいくつもあり、
    穴に棚受け用の金具を入れ、使います。

    棚を固定するには、ダボレールは4本
    180cmほどで、1本600円ぐらいです。

  • ダボレール用棚受け爪 お好みの数

    ダボレールの穴に入れる金具です。
    1枚のを受けるためには、4つの爪が必要。

    20個ほどで、600円ぐらいです。

  • 受け板 必要なだけ

  • クローゼットの寸法などは、それぞれなので、
    壁と壁の間の長さを、受け板の長さとします。

    壁の奥行きを考えて、板のサイズを合わせます。

  • 壁の下地探し

    レールの取り付け場所には、耐荷重を確保する
    必要があるため、下地のある所を探します。

    下地の有無の確認するアイテムです。
    1,000円程します。

  • 石膏ボード用アンカー

    通常のビスではなく、石膏ボード用のものを
    使用します。

    レールを取り付けるに、ドライバーなどで
    ねじ込み、石膏ボードに穴を開け、固定する
    役目があります。

    再び緩めると、ねじだけが取り外せます。
    この作業をして初めて、レールを取り付ける事が
    できますよ。

    2本で、250円程します。

この下地の処理については、下の動画を参考に
作業をしてみてくださいね。




このひと手間で、後の作業がになりますよ!

収納棚の作り方


  1. 下地の有無を確かめ、石膏ボード用アンカー
    下準備しておきます。

  2. 棚の部分の板を受けるために、ダボレール
    に取り付けます。

    棚板の両側にレールが2本ずつあるように、
    同じ高さで平行に取り付けます。

  3. 棚板を置きたい高さに、4本それぞれのレール、
    同じ高さの穴に、受け板用のを差し込みます。

  4. 爪の上に、受け板を載せて、出来上がり!

参考に、下の動画をご覧ください。




動画では、見栄えをよくするために、内張りや
カラーベニヤでの装飾をしていますね。

余力があったら、やってみるのもいいですね♪

まとめ


私の場合、作ったクローゼットの収納棚には、
衣装ケースで、整理整頓も実現しました。

季節ものの、布団乾燥機や電気毛布なども
取り出しやすく、収納できるように。

これからは、荷物の置き場にも困らないし、
快適な収納で、すっきりしました♪

クローゼットの中がきれいに収納できると、
気分も良くなりますよ!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ