スポンサードリンク

クレジットカードをアプリで管理!?便利ってホント?

ネットでの買い物に、便利だから・・・。
高額な買い物だから、分割で・・・。

様々な理由で、クレジットカードを使う機会が
ありますよね。

credit-card-bank-card-vector-material_34-31217-300x207

クレジットカードの支払いについては、自身も
焦った経験があります。

つい、忘れちゃうんですよね~。
ははは、と笑って済みませんよ(経験談)!

クレジットカードで買い物すると、現金での出費
の実感が薄くなる、というのでしょうか、ね。

クレジットカードを使う頻度が多いと、ついつい
忘れてしまいがちな、月々の支払い

わかりやすくクレジットカードを管理できたら、便利なのに。


スポンサードリンク





クレジットカードをアプリで管理


普段の買い物などで、財布から現金で支払う場合、
目に見えて、お金が減っていきますよね。

すると、もう使ったらマズイ!と、なりますが、
クレジットカードの場合は、どうでしょう。

使った分だけ、どんどん積み重なる支払額って
その時は、目に見えませんよね。

だいぶ後からくる請求書の額に、ビックリ!
なんてことも。

スマートフォンのアプリで、クレジットカードの
使用額をわかりやすく管理できるんですよ!


phone-141x300

個人的に、シンプルで使いやすいオススメ
アプリを紹介しますね♪

クレメモ Free


クレジットカードの家計簿のようなアプリです。

クレジットの利用の都度に、支払った額や利用店
など最小限の入力をします。

すると、支払予定の合計額が表示されます。

加算される支払額が目に見えると、使い過ぎ防止
にも一役買いますね。

利用店舗や内容なども記入できるので、後から
出費の内容を確認できて、いいですよ!

いくつものクレジットカードを管理でき、支払日
昇順で並ぶので、見やすいです。

クレジットの使用明細を、シンプルに入力できて
続けやすいのも魅力ですよ♪

クレジットの引き落とし口座が、うっかり残高不足
にならないようなテクニックとして、


don-t-forget_2646997-300x224

カードを使ったら、このアプリにすぐ入力して、
ネットで引き落とし口座に資金を移動する。

こんな手を使えば、目に見えて現金購入した事と
同じになりますね。

https://itunes.apple.com/app/kurememo-free/
無料のアプリです♪

未来の支出


クレジットカードを使うと、これっていつ
引き落としされるんだろう?

そんな不安を感じた事は、ありませんか?

いつ、どれほどの額の買い物をして、
いつに引き落としされるのか。

これらがはっきり分かっていれば、毎月不安に
思う事も、少なくなりますよね。

使用するクレジットカードの登録は、何枚でも
できますよ。

引き落とし日締め日など、簡単な情報を登録
しておきます。

家賃など、毎月決まって引き落とされるものは、
一度登録しておけば、毎回記入しなくてもいい
機能付きが、便利です♪

一括払いや分割払い、ボーナス払いにも対応し、
分割払いの手数料も計算できます!

月ごとに、一覧で使用歴を確認できるので、
便利ですよ。

https://itunes.apple.com/app/wei-laino
-zhi-chu-kurejittokadono/

200円です。

支払日を忘れないアプリ


クレジットカードの支払日を、うっかりして
忘れてしまった!

各種公共料金を、クレジットカードで支払って
いる場合、決められた日に残高がない

うっかりさんに、もってこいのアプリがありますよ!

このアプリで支払日を設定する事で、クレジットの
支払スケジュールを管理できます。

自分の設定した支払日が近づくと、ホーム画面に
デカデカと「支払日!」と、表示されます。

しかも、このアプリを起動していなくても、
きちんと表示してくれる、頼もしいアプリです♪

支払日が土日になっていれば、自動的に翌営業日
変更してくれるなんて、スゴイです!

シンプルに、支払日を教えてくれる!
それだけですが、うっかり忘れちゃった・・・なんて
ことがなくなると、助かりますね。

https://play.google.com/store/apps/
無料のアプリです♪


気軽に使えるクレジットカード。
でも、お金は永遠にある訳では、ありませんね。

わかっていますが、時にはババーンっと、太っ腹に
使いたい時もありまよ、そりゃ。

現金と違う性質を持った、クレジットカード、後で
痛い目に合わないよう、管理だけはしましょうね♪


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ