スポンサードリンク

すぐに溜まる埃は対策ひとつで普段の掃除が劇的変化!

友人達とディナーパーティーをする事になり、色々と準備をしていました。とりあえずは掃除をしなくては、と思い掃除機をかけて、モップかけをしました。しかし、TV台や棚、ドアの桟、電気、PCなどありとあらゆる所に埃があるではありませんか・・・

普段の掃除で掃除機やモップかけはよくするのですが、中々他の場所は難しいですよね。私は潔癖症ではないので、気が付けばなぜだか解りませんが、そこら中に埃が溜まってしまいますね。今後は埃を出さないようにする為に色々と調べてみました。


スポンサードリンク






埃の原因とは?!


みなさん埃の一番の原因は何かご存じですか?埃の原因は布などから出る繊維くずなんです。日常生活の中で意外に布製品は多いもので、切っても切れない生活用品です。居間には布製のソファ、クッション、座布団、キッチンにはテーブルクロス、寝室には布団シーツ、部屋にはひざ掛け、飾り物、ぬいぐるみ、カーテンなどをたくさんありますね

そんな布製品から埃が出ているとは、驚きですね。他には食べ物髪の毛などが絡まってできたものです。空気中にごみが舞って、床や戸棚、電化製品などに落ちてたまっていくと、よ埃になります。空気の流れで動くので、家電の上裏側、ケーブルの周り、窓枠やサッシ廻り、部屋のすみ、電気のカバーには埃が溜まりやすいです。

一旦掃除をしてきれいにする


埃の原因発生場所を確認したので、とりあえず、一旦きれいに掃除をしましょう。では、掃除をする時間耐はいつが良いのでしょうか?埃は空気の流れで動くので、朝起きてすぐや帰宅後誰もいない時が適しています。


まず、掃除は上から下へ掃除します。家具、家電などはハンドモップなどでササっとひと拭きします。そのあとに埃用洗剤などを使って水拭きします。いきなり掃除機をかけると、床に落ちている埃が舞い上がるので、フローロリングは静かに水拭き(ウエットシートなどで拭き取っても構いません)をしてから、掃除機をかけます。

埃対策方法は?!


ではきれいになった部屋を維持する為の埃対策をご紹介します。

  • コルクシートを敷こう
  • フローリングの床はもっとも埃が溜まりやすいのですが、カーペットも繊維の中に埃が絡まっているので意外に埃が溜まっています。その点コルクシートは埃が出ませんし安全面にも良いです。カーペットは使用せずに、コルクシートを敷きましょう。

  • カーテンを使わずブラインドにしよう
  • カーテンは開け閉めの際や窓を開けた時に動いたりと、埃を部屋にまき散らします。カーテンはやめてブラインドにしましょう。

  • ソファーは革張りにしよう


  • 肌ざわりが良くフィット感があるので、意外に多く流通している布張りのソファーですが、立ち座りの度に埃が出ます。革張りのソファーは濡れた時もシミにならず手入れも簡単ですので、革張りのソファーを選びましょう。

  • 洋服はタンスやクローゼットに収納しよう
  • 洋服は部屋にかけっぱなしと言う方も多いのではないでしょうか。タンスやクローゼットに収納する事によって埃対策になります。きちんと片付けるので見た目もきれいになります。

  • 空気清浄機を使いましょう
  • 空中に舞った埃対策に空気清浄機をつかいましょう。


  • 仕上げの水拭きは柔軟剤をいれましょう
  • 水拭きをする際に柔軟剤を入れると静電気防止になり、埃が溜まりにくくなります。

  • 空気の入替をしましょう
  • 1日2回程度は空気の入れ替えをして埃を溜めない様にしましょう。但し風が強い日は砂埃がはいったりするのでやめましょう。


さいごに


埃は布製品が原因とはびっくりですね。掃除をしてもすぐに汚くなると思っていたら、掃除のやり方がまずかったのですね。やり方や対策一つで埃を抑えてくれるので早速やってみました。

掃除嫌いの私には、埃対策は目からウロコでした。こんなちょっとした事で、部屋の綺麗さがキープできるとは思ってもみませんでした。是非みなさんも試してみてくださいね。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ