スポンサードリンク

じゃがいも!秋に植える品種は?

potato-blossom-184993_640-300x225 新じゃがは、春だけではありません。
秋冬に出てくる新じゃがも、大変おいしゅうございます。

秋植えのじゃがいも:
植え付け:9月頃
収穫:11~12月

春植えのじゃがいもに比べると、収穫量は少ないですが、いものでんぷんが増え、ほくほくした食感になります。

今回は、秋植えじゃがいもの品種をご紹介します。


スポンサードリンク





秋植えじゃがいもの品種

a0027_001358-200x300
  • デジマ
    多くの収穫が可能。春植えも可能。
    火の通りが早いが、反面、煮崩れしやすい。

  • アンデス赤
    カロチノイドが豊富な、赤い皮が特徴。
    加熱すると、滑らかな舌触り。
    ほくほくしておいしい。

  • ニシユタカ
    揃った大きさのイモができやすい。味も良い。
    病気にやや弱いので、栽培に注意が必要。
    デジマよりも、煮崩れしにくい。おでん向き

  • 普賢丸(ふげんまる)
    でんぷんが、やや多い。
    中身はやや黄色。ポテトサラダ向き。

  • 農林1号
    寒冷地から暖地まで、場所を選ばずに育ちます。
    病気にも強いので、初心者にも安心。ポテトサラダ向き。

  • アイユタカ
    しっとりした、柔らかい肉質。滑らかな食感。

  • 西海31号
    形はじゃがいも。皮の色は、やや紅色。肉の色も、やや紅色。
    アントシアニンを多く含む。


たねじゃがいもを植える前に!


たねいもは、小いもタイプの小さめがオススメです。

まだ暑い時期なので、大きいたねいもを切って植える場合、
たねいもが腐りやすくなります。

大きいたねいもしか、手に入らなかった場合は、
切り口(断面)に、シリカなどの土壌改良剤を、
まぶしてあげてましょう。かなり腐りにくくなります。

また、たねいもを切る場合は、芽が付いている部分を中心に、
2~4つくらいに、均等に切ります。

たねいもの管理方法


暑さに注意!
植えるまでは、暑い時期が続くので、たねいもが腐りやすいです。

冷暗所のコンテナ等に、保存すると思いますが、
定期的にコンテナを覗いたり、底の方をひっくり返して、
腐ったものを見つけたら、早めに取り除きましょう。

1つ、腐ったものを放置しておくと、
あっという間に、腐敗が全体に蔓延します。

rotting-potatoes-185928_640-300x225 こうなったら、おしまいです…。

収穫いもの保存方法


じゃがいもを凍らせないように、冷暗所で保管します。
気温が氷点下になる場合は、ビニールシートなどで
コンテナを覆って、冷たい状態の保温をします。

芽が伸びてきた場合は、イモの養分が失われてしまうので、
なるべく早めに取り除きます。

a0002_001337-300x199
上で、ニシユタカを「おでん向き」と紹介しましたが、
友人から「おでんにじゃがいもなんて、邪道だ」と非難されました。

個人的には、おでんにじゃがいもを入れるのは、
邪道ではないと思うのですが、みなさまはどうお考えでしょう。

というか、おでんの定義について、調べなければなるまい…。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ