スポンサードリンク

じゃがいもを秋に収穫?プランターでもできる方法!

じゃがいもの植付時期は、春との年回あり、
2~3か月程度で、収穫できます。

なので、冷涼地以外なら、秋植えが出来ます。

中間地なら8月下旬~9月上旬
暖地なら8月上旬~9月下旬
に植えたら、

11月~12月頃には収穫が出来るので、
1年を通して栽培が楽しめる野菜です。

参考までに冷涼地・中間地・暖地をざっくりと
分けてみると、

 冷涼地   中間地        暖地         
・北海道  ・寒冷地を除く本州  ・四国
・東北              ・九州
・新潟
・石川
・富山

といった感じです。
ホントのところは、その地域の人にしかわかりません。

標高、風、気候、など様々な状況によって、
変わってくるので、ざっくりなんですが
なんとなくでも、野菜はちゃんと育つので大丈夫です。


スポンサードリンク





秋植えに適している品種は


・デジマ
・アンデス赤、
・ニシユタカ、
・農林1号
・普賢丸(ふげんまる)、
・アイユタカ、
・西海31号

が、あります。

e82720872ce5fad82b15e25babadae70_s-300x240

秋植えじゃがいもの、栽培ポイント


1.品種を選ぶ
 種いもは、食用ではなく、種いも用を買います。
 食用でも育たないことはないですが、
 病気などの菌に、感染している可能性もあるので
 
 検査に合格した専用の種イモの方が
 初心者も上手に育てられるポイントです。

・地域に適した時期に、植え付けます。
 ジャガイモの発芽の適温は18~20℃
 生育の適温は15~30℃です。
 

2.種いもは、切り口から腐るのを防ぐため
 切らないくてもいいような
 小さめのものを、選ぶといいです。

 切って使う場合は、
 芽が集中している部分を切り落とし、そこを頂点にし
 芽数が均等になるように切ります。

 切り口は、2~3日日光に当てて乾燥させると
 発芽が良くなります。
 
 乾燥できない場合は
 石灰……控えめにつける。
 つけすぎは、病気の原因になります。
 
 じゃがいもシリカや、草木灰(そうもくばい)などの
 じゃがいも専用の切り口処理剤を、
 全面にまぶすといいです。


3.植える時期を、守りましょう。
 適期が短いので、注意が必要です!


4.収穫は、茎や葉が黄色く枯れた頃です。
 茎葉が元気なうちは、いもも成長中です。


プランターで育てる場合のポイント


ジャガイモを育てる時のポイントは、土寄せなので
大型で深型のものか、肥料などが入っていた大きめの袋
の底に水はけ用のをあけて、代用してもいいですね。

イモが地上に出たまま育てると、緑色に変色
してしまうので、用土は少なめにして、
足していくようにします。

ジャガイモには、連作障害があるので
3年以上、間隔を空けましょう。

b25f5332e922f23926404b65bd07532a_s-300x200
連作障害とは……だいたいが土壌病害です。
土壌病害とは、病原菌自体が耐久体を作って
5年から10年くらい、土壌中で生き残ってるんです。

ジャガイモを栽培すると増える病気
そうか病粉状そうか病乾性腐敗病などです。
黒あざ病のような、多犯性の病気もあります。

これらは、種いもによっても伝染しますので、
専用の種いもを使いましょう。


植え付け



用土を容器の半分くらいいれて
種イモの切り口をにして置きます。

四角いプランターの場合は、
30cm間隔に置いていきます。

軽く土で隠し、その上に化成肥料を適量まきます。

さらにその上から土をかぶせます。
植え付け後に水やりをすると出芽が早まり、
収量が多くなります。

生育が順調だと、3週間くらいすると出芽してきます。
芽の長さが10cmくらいになったら、元気な芽を
1~2本残して、芽かき作業をします。

残す茎以外の、根元を手で押さえながらすると
上手に引き抜くことが出来ます。

大きなじゃがいもを作りたい場合は、
多くても2本までにするのがいいですね。

その後、根を守るために、株元に追肥と土寄せを
します。

土寄せの時期が遅れると、伸びた根を傷つける
ことがあるので、時期を逃さないように注意します。

地温の上昇を抑えるために、藁や新聞紙などを
被せてあげましょう。

回目の追肥とまし土は、苗にが付いた頃に
行います。

2回目のまし土はたっぷりと株もとに土寄せする事で、
水はけと通気性が良くなって、
腐敗と病気の予防になります。

待ちにまった収穫です


収穫のタイミングは、花が咲き終わり葉や茎が、
黄ばみだしたころです。

時期を逃すとじやがいもが腐ったり、表面が傷んだり
するので、最適な時期を逃さないようにしてください。


プランターで栽培する時のポイント!



生育初期水やり多めに行い、
中盤以降は多湿にならないように
気を付けて、たくさん収穫してください。

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s-300x200


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ