スポンサードリンク

社員旅行に経費を使える?!その条件とは?

社員旅行は、近年
減少傾向にあると聞きますが、
わが社では、2年おきに行っています。

来年が、その社員旅行の年
わたしが幹事のひとりに、選ばれています。

大人数で動くので、
早めに予定を立てて、行き先を
決めないと、ならないんです。

行き先によって、かかる旅費
変わりますからね。

前回、幹事をした同僚のAに
社員旅行の幹事心得について、
教えてもらいました。

014876-286x300

候補地は、沖縄、奄美大島、長崎なの。」

A 「沖縄と奄美大島だと、
  ちょっと旅費がかかりそうね。」

「あ、でも会社からも経費、出るでしょ?」

A 「甘いわね。そんなに出ないのよ。」

会社からの、補助をかなり
見込んでいたので、ビックリです。

どういうことなのか、
教えてもらったので、皆さんにも
紹介しますね。


スポンサードリンク





社員旅行とは?

減って来ていると言っても、まだまだ
社員旅行をする会社はありますよね。

ただ、なんとなく参加していて、どういうものなのか
あまり考えたことがない、という人は多いと思います。

社員旅行とは、社員の日頃の労を労う意味がある
慰安を目的にした旅行です。

会社によっては、社員旅行用に
積み立てをしていることがありますよね。

それにプラスして、会社から
福利厚生費などの名目で、経費が
支給されます。

でもそれには、いくつか条件
あるようです。

社員旅行に経費を使える条件とは?

経費を使える場合の、条件には3つあります。

  • ひとつ目は、日程です。

    社員旅行の日程が、4泊5日以内であることです。
    海外旅行でも良いのですが、
    海外での滞在が4泊5日以内でないといけません。

  • ふたつ目は、社員旅行の参加人数です。

    これは、全従業員の50%以上
    参加しなければなりません。

    慰安を、目的にしているのですから
    なるべく多くの従業員に、参加して欲しいですよね。

  • 最後は、会社の負担金額です。

    たくさん負担して欲しいところですが、
    これには上限があって、10万円以内
    決まっています。

    会社の負担が高額になった場合、
    これは福利厚生費ではなく、給与や賞与という
    扱いになってしまうそうです。

    これは困りますね。
    でも、大人数の会社でも、少人数でも
    変わらず10万円とは、不公平な気がします。

    少人数の会社などで、旅行代金が
    10万円以内に、おさまる場合は全額、福利厚生費で
    まかなっても良いそうです。

では、これらの条件に当てはまるけど
社員旅行に当てはまらない場合がありますが
それは、どういったものでしょうか?

経費で落とせないNGな社員旅行とは?

NG社員旅行にも、大きく分けて3つあります。

  • 1つ目は、役員など特定の人
    対象にした社員旅行です。

    社員と役員の人数が、変わらないような
    小さな会社では、こういうことが
    起こり得るかもしれませんね。

    でも半分近く、役員がいるような会社の
    慰安旅行は、寛げなさそうです。

  • 2つ目は、取引先の接待を兼ねた社員旅行です。

    これも、社員の慰安を目的とする
    社員旅行からは、逸脱しているので
    ダメですね。

    役員と一緒の旅行以上に、気を使って
    慰安どころでは無さそうです。

  • 3つ目は、不参加の社員に対して
    金銭を支払ったり、旅行自体には行かず、
    旅券などを配布するようなものです。

    これでは、参加しない従業員が
    多くなりそうですし、社員旅行の目的
    考えると、ダメなのはわかりますね。

まとめ


045243-300x223

A 「実はもうひとつ、
  NGな社員旅行って言うのが
 あるんだけど、なんだかわかる?」

「なんだろう?」

A 「海外旅行での行き先が、
  カジノって言うのはダメなのよ!」

「カジノ?賭け事は慰安じゃないってこと?」

A 「そうね。会社の福利厚生費
 当てにしないんだったら、良いかもね。」

そういうのを禁止するってことは、
カジノに行く、という社員旅行もあるんでしょうね。

私の姉は、北海道の会社に勤めていますが
北海道の社員旅行は、秋に行くことが多く
観楓会と言います。

楓の季節だからなんでしょうけど、
良い響きですね。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ