スポンサードリンク

折り紙でかたつむりの折り方!

雨が降っていて、憂鬱な時には、かたつむりを
思い出します。

梅雨時期の、独特なじめじめの中ですが
その中を、楽しむようにゆっくりと歩いています。

という事で、先日の雨の日に、カタツムリを
折って見ました。

折り紙なので、晴れでもいいんですが、
雨の日の方が気分が出ますよね。

今日の天気や、季節等に合わせて、折るものを選ぶのも
折り紙の醍醐味と言えそうです。

また、カタツムリは途中まで鶴と同じ手順で折れるので、
鶴が既に折れるのであれば、比較的簡単に折る事ができるでしょう。

それではいってみましょう。


スポンサードリンク




折り方


1,正方形の折り紙を用意しましょう。 
 色は何でも構いませんが、オレンジや茶色等がカタツムリらしいかな?
A

2,まずは三角形に折りましょう。そこから更に半分に折ります。
B

C

3,半分に折った三角を少しめくり返し、中を開くようにして折りましょう。
この手順は鶴を折る際にも最初に出てくる手順ですね。
D

E

4,同じ手順でもう片方も折り、菱形を作ります。
F

5,まず右側を中心に向けて折り込み、反対側も同じように折りましょう。
G

H

6,裏側も同じように折りましょう。画像のような形に仕上げます。
I

7,折り目を付ける為に上側を倒すようにして折りましょう。
J

8,画像のように一度すべてを開きます。
K

9,そこから一度口を開くようにして、画像のように開きましょう。
L

10,左右を中心に向けて折り込み、画像のように細長い菱形を作ります。
M

11,裏側も同じように。
N

12,ここからつるの折り方と変わってきます。矢印の方向に向けて中に軽く折り込んで持ち上げます。
O

13,側面から見るとこのような形ですね。
P

14,正面から見るとこの形。
Q

15,左側も同じように折りますが、左は少し右よりも高めに折って下さい。
更に上を向いている三角の部分を、折り線に合わせて下方向に折りましょう
R

16,折り線に合わせて上方向に折ります
S

T

17,今折り上げた部分を少し下に折り下げ、またほんの少しだけ上に折り上げます
U

V

18,「17」の画像の折り線に合わせて更に折り上げていきます。折りあげる際に赤線から上の部分だけを残して持ち上げます。
持ち上げた際残した部分を手前に倒すと、画像のようになります。(画像だと分かりづらいので、一折りごとに丁寧に折って下さい)
W

19,矢印の方向に折り下げます
X

20,これでほぼ完成です。
Y

21,右側が頭、左側がしっぽになるので、右側に軽く切れ込みを入れます。
Z

22,切った部分を左右に開きます。これがカタツムリの触覚部分になります。
AA

23,あとはここに軽く目やぐるぐるを書き入れて、完成です!
BB

折った後で

この、かたつむり、色々な色で作ると面白いですよ。
特に、水玉模様の和紙で作ると、趣があります。

お子さんと、いろんなカタツムリを作ってみてください。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ