スポンサードリンク

面接で短所を聞かれたら?慎重である事は長所?短所?

ad1206cc20e8b5228981a178360dcca0_s-300x200 採用試験での、面接

長所と短所を、聞かれた経験、
みなさんあるのではないのでしょうか?

自己アピールの場ですので、
長所を答えるのは、簡単ですね。

しかし!問題は短所
自分を、できる限り良く見せたいのに
マイナスなことって・・・言いづらい。

今回は、面接での短所の答え方について、
ご紹介します!!


スポンサードリンク






短所を長所につなげよう


96efbd07e01e6bed400c9e5838227623_s-300x200
面接官は、長所短所を質問することで、

・自己分析がきちんとできているか
・前向きな考え方ができるか
・自社に適している人間性か

を主に確認しています。

ですので、ただ短所を述べるだけではダメ

その短所に対して、自分がどう考え
克服するために、どんな努力しているか、
短所をカバーするために、どう行動しているか

ということも含め、相手に伝えることが
大切なのです。

長所と短所を、聞かれた場合には、
長所は、どんどんアピールしてください。

ですが、長所の度が過ぎるため、短所が
生まれてしまう、つまり短所は長所の延長線上にある、
という風にした方が、印象はグッと良くなります。

要は、短所のフォローをする、ということ。

例えば、短所を「慎重である事」とします。

新しい事を始める際は、
確実にこなせるよう、リスクを考え先を読み、
決断します。そのために、慎重になり過ぎ、
行動に移すまで、時間がかかってしまう事があります。

ですが、この慎重な性格のおかげで、
今まで大きな失敗は、ありません。

考えるだけでなく、行動に移す事がもちろん
大事だと、思っております。

今後はこの慎重な性格も活かしつつ、
すぐに行動に移せるような、積極的な姿勢も
身につけていきたいです。

これならば、
「物事をしっかり考えて行動する事ができる」
という長所の延長線上に、

「慎重すぎて行動に移すのが遅い」という短所が
あるといえますね。

短所を短所のまま、話すのではなく、
長所にも捉えられるような、内容に変えて
伝えましょう。

面接でのポイント


例を紹介しましたが、面接で短所を答える場合は
「短所+ひとこと」が適切です。

実際に、経験したエピソードなんかが入ると、
より具体的になって、良いですね。

自分の短所をしっかり把握し、
それに対しどう考え、行動していくかを面接官に
きちんと伝えましょう。

055740-250x300
いかがですか?

就職での面接、緊張しますよね。
面接官に、いかに自分が会社に
必要な人材であると、思わせるかが勝負です!!

自分の思いをしっかりと伝え、
思いっきりアピールし、
面接を勝ち抜いてください!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ