スポンサードリンク

確定申告!住宅税の還付は住宅ローン控除でできる?

還付金
もらえれば、家計が助かりますね。

今回は、その中でも
住民税の還付」について、見てみましょう。
わたしは、一昨年、住宅を購入し、ローンを組みました。

158482-250x300

住宅ローンに関して、確定申告すると、
お金がいくらか返って来る」、
ということを聞いていたので、やってみました。

実際、わたしが思っていたことと、
現実は、少し異なっていました。

それで、この住宅ローン控除に関して、
住民税の還付は、いつなされるのか、
あなたにも役立つ情報を、お伝えしますね。


スポンサードリンク





所得税と住民税の違い


まず、理解したいことは、
所得税」と「住民税」の仕組みが、異なっていることです。

住民税は、所得税と異なり、
前年の所得に応じて、次の年の6月より払っていきます。

その6月より一年かけて、住民税を払うのですね!

そして、還付に関して、ビックリすることがありました。
それは、「還付」は、所得税には、なされるが、
住民税には、還付されないということです。

これは、どういうことでしょうか?

120136

もともと、住民税には、住宅ローン控除はありません。
住宅税には、還付という形ではなく、
減額という形で、益を得ることができます。

所得税から、控除しきれなかった金額が、
住民税から、引かれるのです。

では、いつ頃に、住民税の減額が、
反映されていくのでしょうか?

還付金をもらえる時期


まず、所得税は、
住宅ローンの減税のために、確定申告をする「2〜3月」で、
すでに納付した税は、還付されます。

ですが、住民税は、異なります。
所得があったその年に税を納めるのではなく、
翌年から、納めますよね。

それで、所得税から控除できなかった金額は、
翌年の6月以降から、住民税に反映され、減額されます。

141397-300x215

実際に、住民税が減額されているのかは、
住民税の通知書を通して、見ることができます。

給料から、天引きされている人なら、
5月下旬頃に、勤務先から、この通知書を確認できます。

自分で納付される人なら、6月に入ってから、
通知書が自宅に届き、見れます。

住民税の確定申告


所得税に関しては、「還付がある」が、
住民税に関しては、「還付がない」ことがわかりました。

それで、住民税確定申告をしなくても、良いのでしょうか?
しなくても、住民税に、
住宅ローンの控除が、反映されるのでしょうか?

答えは、「反映される」です。
住民税は、年末調整と確定申告の結果を受け、
それにも基づいて、減額されます。

翌年6月以降より、住民税が安くなります。

まとめ


皆さん、わかりましたか?

まとめてみると、こういうことでした!

  • 住民税は還付という形ではなく、減額
  • 住民税は翌年の6月以降、反映される

わたしは、住民税も、所得税と同じく、
還付つまり返金という形で、もらえる、
と思っていたのですが、違うのですね!

このような違いも理解し、生活費に反映させていきましょう!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ