スポンサードリンク

子供が同級生に怪我をさせた!親はどう対応する?

小学校のお友達のママから、先日、

「子供が同級生のお友達に、怪我をさせちゃった。
どうしよう!」

と、相談されました。
とても動揺している様子でした。

詳しい話を聞いてみると、休み時間に、
鬼ごっこをしているとき、

ふざけて、おんぶをしてもらうように、
後ろから飛び乗ろうとして、お友達が
転んでしまったそうです。

band-24298_1280-300x271

転んだお友達は、転んだときに額を切ってしまい、
4針縫ったそうです。

学校から連絡があり、すぐに、怪我をした
お友達の家に、謝罪に行きたいと電話をしたところ、

今は会いたくないので、家にも来なくていい、
と言われてしまったそうです。

家の場所はわからないので、来なくていいと
言われたら、行かない方が良いのか、どうすれば
よかったのかと、相談されました。

こんなとき、どういう対応をしたら
良いのでしょうか。

デリケートな問題なので、何か参考にできることが
ないかと、いくつか事例を集めてみました。


スポンサードリンク





子供が怪我をさせてしまった事例


  • 事例1

    子供が学校で、友達にぶつかって転ばせてしまい、
    友達は、足を骨折してしまいました。

    学校から連絡があって、すぐに両親で
    相手の子供の家に、菓子折りと、
    お見舞い金として、1万円を持って行きました。

    いつも遊んでいる、仲良しの子ということもあり、
    お金は受け取れない、何もいらない
    と言われましたが、

    治療費として、受け取って欲しいと伝え、
    なんとか受け取ってもらえました。

  • 事例2

    子供が、学校で友達とけんかをして、顔をひっかいて、
    怪我をさせてしまいました。
    怪我は、引っ掻き傷で、血が少し出ていました。

    家に、子供がお友達に怪我をさせたと、
    学校から連絡があり、直接謝罪したいと伝えたところ、

    先方は、事を荒立てたくないので、家には来なくていいと、
    言っていたそうです。

    そのため、学校からは、先方の住所や連絡先は
    教えてもらえませんでした。

    学校からは、子供同士で謝罪したので、
    それだけでいいです、と言われました。

    相手の意向ということなので、結局、
    子供が謝罪しただけで、他には何もしていません。

  • 事例3

    子供が学校で、同級生に足を引っ掛けて
    転ばせてしまい、額に4針縫う怪我をさせて
    しまいました。

    両親で、謝罪に行ったところ、相手の親から、
    うちの子に非はないので、健康保険を使わず、
    医療費を全額負担してほしい、と言われました。

    もし、健康保険を使ったとしても、加害者がいる場合、
    健康保険が、加害者に対して、残りの7割を請求するので、
    結局は、加害者が負担することになります。

    個人的に加入している、損害保険があるので、
    問い合わせると、「急激、且つ偶発的な事故」
    に限って適用されるそうです。

    今回の場合、故意に転ばせたことなので、
    急激且つ偶発的な事故には、あてはまらないので、
    適用されませんでした。

    結局、治療費を全額負担しました。

    故意か、偶発的な事故かによって、対応は
    変わってしまいます

以上の事例を参考に、今回のママ友達に、
こんなケースもあることを、伝えました。

ママ友達は、今のところ、子供にはよく謝らせ、
少し間をおき、学校の行事などで会えるときに、
改めて謝罪したいと言っていました。

まとめ


子供は大きくなってくると、学校や、公園など、
親の目の届かないところで遊ぶことも、多くなります。

今回のように、友達に怪我をさせてしまうことも
もしかしたら、起こってしまうかもしれません。

もしも自分の子が怪我をさせてしまったら、
相手に対して、誠意のある対応をして、
出来るだけのことはしてあげましょう


dove-41260_1280-244x300

そして、できればそんなことが起きないように、
子供には、常日頃から、危険なことなどを、
教えてあげたいですね。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ