スポンサードリンク

ナンバーだけで陸運局で調べることはできる?車の持ち主の情報はこうやって入手する!

「駐車場で、車をぶつけられた!」
友人から、すごい剣幕で電話がありました。

a0006_001250-300x198

というのも、私は自動車修理工場に勤めており、
普段から、友人の車のメンテナンスを任されて
いるんです。

興奮してる友人の話を聞くと、当て逃げの様子。

かろうじて、目撃していた人が、親切にも
車のナンバーだけは控えてくれていた、とのこと。

「修理して欲しいのは山々なんだけど、自分の
車両保険を使うだなんて、腹が立つ!

絶対にぶつけた犯人を見つけて、相手の保険から
修理代を払ってもらうんだから!」

怒りが収まらない友人が、更にこんなことを。

「そうだ!陸運局行けば、簡単にナンバーから
車の持ち主が調べられるよね?」

ちょっと待って!それは、間違いだよ!

陸運局で、ナンバーから持ち主を調べるのは、
そう簡単なことじゃないんです。

仕事柄、車の手続きには詳しい私が、こっそり
教えますね♪


スポンサードリンク





車のナンバーも個人情報!


陸運局に行けば、車のナンバーから持ち主が
簡単に調べられる、といった手続きが過去には
実際にはありました。

陸運局では、「登録事項等証明書」という名称
を使って発行していますね。

内容は、車検証には記載されていない情報
載っている証明書です。

しかし、この手続きで手に入れた情報を使って
犯罪に悪用するケースが増えてきたため、

平成19年に、証明書の請求をする時には、
今までのように、ナンバーだけで請求できなく
なったのです。

車のナンバーも、大切な個人情報

現代社会のプライバシーの厳守は、車社会にも
影響を与えていますね。

では、登録事項等証明書を請求するには、
どんなものが必要になるのでしょうか?

詳しく見ていきましょうね。

手続きに必要なものは?


証明書を発行してもらうには、請求書
記入する必要があります。

請求書に記入しなければならないのが、

  • 自動車登録番号(ナンバー)
  • 車台番号

この2つの項目は、1台の車にとって唯一無二
与えられた数字であるのです。

ナンバーは、言わずと知れたものですが、
車体番号」は、馴染みが薄いですよね。

車体番号は、エンジンルームや車のフレームに
取り付けてあります。

a1180_011022-300x198

金属製のプレートに、エンジンの型や色番号と
共に打刻された数字になります。

証明書の発行に必要なのは、車体番号の
下7桁の数字です。

車検証にも記載されていますよ。

この車体番号の全桁が記入できれば、ナンバーが
不明でも、請求する事ができますよ。

ナンバーは、パッと目に付くような場所に
付いているので、わかりやすいですよね。

しかし、車体番号は、車体の表側にはっきりと
表示されている訳ではないです。

しっかりと、その車の情報を確認できるような
立場でないと、難しいものですね。

車体番号がたやすく確認できないからこそ、
請求にも重要視されるのですよ。

その他にも、記入しなければならない項目が
ありますよ。

請求理由により却下される?!


証明書の請求には、何のために使うのか、
具体的な理由を記入しなければなりません。

正当な理由がないと、却下されます。

それほど、厳しい基準で判断すべき証明書で
個人情報のかたまり、と言っても過言ではない!

証明書から得た、高級車の所有者の住所が
簡単にわかったら、窃盗に使われる恐れも
ありますからね。

その他に必要なものとして、

  • 窓口に来た請求者の氏名・住所
  • その本人確認のための書面

が必要になります。

本人確認の書面の例として、運転免許証
健康保険の被保険者証、外国人登録証明書、
住民基本台帳カードなど。

請求書に記入した住所と同じものが記載された
書面が必要になりますよ。

まとめ


このように、陸運局で車の持ち主を調べることは
非常に制限のある手続きになります。

これも、自分の個人情報を守るための大切な
盾なのかもしれませんね。

この話を友人にしたところ、
「あら、いつの間に変わったのかしら?」

と、驚いていましたが、陸運局に乗り込む前で
本当によかった・・・・。

保険会社からの助言もあって、すぐに警察
届け出ることにしましたよ。

驚くことに、その日には犯人がわかった、
とのこと!

悪いことはできませんね・・・。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ