スポンサードリンク

御中の使い方!メールではどうする?

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s-300x200御中」は、手紙やメールで、宛名を書く時に、よく使われる言葉です。


この「御中」の使い方って、わかるようで、よくわからないですよね。


社会人になってからは、企業宛てに、手紙やメールを送る機会が、増えますよね。


その度に、御中の使い方で悩んでしまう人も、いるのではないでしょうか?


御中」がいいのか、「」がいいのか。
送り先の担当者名がわからない場合や、
部署宛にメールを送りたいケースも、あります。

まずは、「御中」の意味を理解し、
どのような時に使うのかを、知りましょう。

ここでは、御中のメールでの使い方について、
ご紹介します。


スポンサードリンク





御中のメールでの使い方

御中」は、部署や課、係などに対して、
手紙やメールを送る際の、宛名に使います。

送り先の会社の中の、特定の誰かに送る時や、
担当者の名前が、既にわかっている場合は、
御中」ではなく、名前の後に「」を付けます。

」の代わりに、「殿」でもよいでしょう。
この場合、「御中」を付ける必要はありません。

メールで送付する内容を担当している人が
わからないけれど、内容に目を通してほしい
という場合には、「御中」が必要になります。

ここで、例を挙げて確認してみましょう。

  • OK例
    ○○株式会社 総務部人事課御中
    ○○株式会社 総務部人事課●●様
    ○○株式会社 総務部人事課ご担当者様

  • NG例
    ○○株式会社 総務部人事課御中●●様
    ○○株式会社 総務部人事課御中ご担当者様

「御中」と「様」を同時に使わない
という、ルールを理解していれば、
今後、間違えることはないと思います。

宛名がわからないけれど、担当者に読んでほしい
メールを送る時、私の場合は、「●●課御中」ではなく、
ご担当者様」と書いて、メールを送っていました。

取引先から届くメールも、「ご担当者様」と
書いてあることが、多かったです。

個人的な意見ですが、「●●課御中」より、
丁寧な印象になると思うので、おすすめです!

就活や転職で、採用担当者にメールを送る時は、
採用ご担当者様」とすれば、OKです。

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s-300x200
いかがでしたか。ここでは、
御中のメールでの使い方について、
ご紹介しました。

メールの細かい書き方などは、
なかなか教えてもらう機会が、少ないですよね。

ですが、書き方を間違えると、
相手に失礼な印象を与えてしまったり、
あなた自身の信頼も、揺らぎかねません。

特に、先に述べた、就活や転職などで、
企業にメールで連絡をとる場合は、要注意です。

採用担当者は、メールのマナーができているか、
きちんとチェックしています。

メールの送り先でも、採用関係の部署には、
特に注意しましょう。

あなたが、実際にメールを送る際には、
ぜひ、この記事を参考にして下さいね!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ