スポンサードリンク

内定辞退の理由はこう言おう!他社に行く場合も誠実に!

来年から社会人になる甥が、
せっかくもらった内定を、辞退しようかと
悩んでいます。

「せっかくもらった内定なのに、
  第1志望じゃなかったの?」

「うん、実は違うんだ。
  第1志望は絶対に無理だと思って。」

「そうなんだ。内定の承諾は?」

「それはまだ。でも断りづらいな。
  なんて言って断ったら良いんだろう。

「うーん・・・難しいね。
  じゃあ、同僚で採用担当をしてる人が
  いるから、聞いてみてあげようか?」

困りましたね。
でも本人の希望通りになるのが
1番でしょうから、今回はわたしが

人事の同僚A男君に、内定の辞退について
色々聞いてみた
ので、皆さんにも
教えますね。


スポンサードリンク





採用担当者に聞く内定辞退の理由

多いものは2つです。

  • 他社に内定が決まったから。

  • 地元に帰ることになったから。

どちらも、そう言われてしまうと
それ以上、引き留めることが出来ない
感じるような理由ですね。

でも現場で長く、採用担当をしていると
どちらも、本当の理由ではない
感じるようです。

042726-155x300

A男内定辞退を申し出た時に、
   引き留められるのが嫌で、こういう理由を
   言うと思うんだけど、

   景気の良い時代ならともかく、今の時代は
   内定をもらえる数も多くないし、
   辞退するには、
  
   それなりの理由
があると思うんだ。
   だから、その理由を正直
   話して欲しいんだよね。

   何か、会社に不満や不安を感じて
   辞退を申し出てる場合は、その不満や不安を
   話してくれれば、最終的に

   辞退になったとしても、何か解決策
   見つかるかもしれないだろ。
   会社としても、今後気をつけられるし。

   それに、内定辞退をしても、
   多分、似たような業界に就職することに
   なると思うから、

   仕事で関わることが、あるかもしれない。
   その時に、気まずい思い
  しなくて済むように、したいんだよね。」

私 「辞退の時の対応が悪いと、
   その後、仕事で出会ったとしても
   良い仕事相手には、なれない場合があるのね。」

A男「やはり採用担当も人間だからね。
   辞退の時の対応が、あまりに悪いと
   難しいよ。」

ひどい場合は、音信不通になってしまうような
人もいるらしいですよ!

20歳を超えた大人としては、
無責任ですよね。

では内定辞退はどのようにしたら
良いのでしょうか?

誠実な内定辞退の仕方

ビジネスの世界に限ったことでは
ありませんが、誠実さを伝えるためには

メールより電話、電話より会って直接話す、
と言うのが正しい方法です。

内定の辞退と言うのは、本人にとって
大きなことであるのと同じくらい、
会社にとっても、
大きなことです。

来て欲しいと思って、何人もの応募者
中から選んだ人ですから、会社側も
重大なことですよね。

内定を承諾する前の辞退の仕方

内定辞退について、話す時は
最初に結論を、それから理由
述べましょう。

もし迷ってるなら、何を迷ってるのか
不安な面などを、包み隠さず
話してみましょう。

また、辞退が決まっている場合、
他社に・・・と言うと、どこの会社に
就職するつもりなのか
、聞かれると思います。

相手は、嫌がらせをするつもりで
聞いてるわけではなく、調査として
聞いてることなので、話してしまっても

大丈夫ですし、もし言いたくないのなら
言わなくても良いと思います。

次に、内定を承諾してしまった場合です。

内定を承諾した後の辞退の仕方

内定式に出席し、内定承諾書にサインまで
した後でも、辞退することはできます。

でも企業側からすると、とても困ることで
トラブルの原因にもなります。

こういう事態を避けるためにも、
その会社に入社するという、意思が決まって
いないのなら、承諾はしないことです。

この場合も、取り繕った理由を言うのではなく
なぜ、急に内定取り消しをしようと思ったのか
理由をキチンと話しましょう。

怒られるんじゃないか、
引き留められるんじゃないか
という思いもあると思いますが、

今後、社会人としてやっていくのですから
誠実な対応を心がけてください。

最後に、内定辞退の例文を紹介します。

内定辞退の例文

これは、一般的な例文ですので、
この文章を参考に、自分の辞退の理由
考えてください。

内定を頂きまして、ありがとうございました。
(まず、最初にお礼を言います。)

実は、大変申し上げにくいことなのですが、
御社より、頂いた内定を辞退したいと思い、連絡致しました。
辞退すると言うことを、ハッキリ言っておきます。)

就職活動をしている中で、◯◯という業界に
興味を持つようになりまして、
(ここは、ご自身の理由を簡潔に述べます。)

最後まで悩んで十分考えた上で、
大変申し訳ないのですが

このような結論を出させていただきました。
本当に申し訳ございませんでした。
お詫びで締めます)

留学する、進学する、は本当なら良いですが
嘘で言うと、バレてしまい信用をなくす可能性が
あるので、なるべく真実を語りましょう。

本当に留学するなら、留学の目的
どこに行くのか、具体的に話せたら良いと思います。

進学に関しても、どういう勉強をしたくて
どこに行くのか、というのが言えたら良いですね。

まとめ

「とにかく、誠実に正直に、が
  原則だよ。」

「そうだよね。1度は内定した会社だから
  最後まで、礼儀を尽くさないとダメだって
  ことだね。」

「そう!その通り」

私が就職した頃より、
しっかりした考えの甥をみて、社会人になっても
きっと大丈夫だと思いました。

私は何社も内定をもらえなかったので、
迷ったりしなかったけど、
優秀な学生は、内定辞退を何度も

することがあるんでしょうね。
ここが社会人としての1歩目なので、
キチンとした対応をして欲しいですね。

127350-300x182


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ