スポンサードリンク

電子レンジで簡単に半熟卵を作る方法!

小腹が空いたけど、何か作るのも面倒くさい。
そんな時に便利なのが電子レンジ。

最近では、インターネットなどで、
電子レンジを使って、半熟卵を作る方法が
紹介されているのを、ご存知ですか?

半熟卵に合う料理、たくさんありますよね。

おうどんや、ラーメンなどの麺類や、
カレーや、牛丼なんかにも、ぴったり

うーん、考えていると、お腹がすいてきました。

a1180_008993-300x205
お鍋で作るのも、そんなに手間はかかりませんが、
私はいつも、なかなか自分の思い通りの固さ
作れないので、最近はレンジで作る方が多いです。

卵は、そのまま電子レンジで温めると、
爆発して大変な事になりますので、
必ず、使用方法を守って作ってくださいね。

半熟卵を作る際には、新鮮な卵を使いましょう!



スポンサードリンク






卵を耐熱容器に割り入れて調理する方法

 
 卵を小鉢などに割りいれ、竹串などで
 黄身に穴を開けます。(忘れると爆発します!)
 
 水を、大さじ1〜2杯加え、
 500Wで、1分ほど温めます。

 ご家庭のレンジによって、違いがあるので、
 固まらない時は、様子を見ながら
 加熱しましょう。

 時間がない時は、この方法が一番早いです。

 卵は、冷蔵庫から出したばかりの
 冷えたものを使ってくださいね。


アルミホイルとマグカップを使う方法


 生卵をアルミホイルで包みます。
 卵との間に、空洞ができないように
 ぴったりとくるんでください。

 アルミホイルで包んだ卵を、マグカップに入れます。
 卵が固定するように、もう一枚アルミホイルを
 包むように巻く。

 卵がかぶさるまで水を入れ、レンジで約10分。
 

電子レンジ専用のゆで卵容器を使う方法


 電子レンジ専用の、
 ゆで卵を作る便利グッズがあります。

 上記2つの方法だと、ちょっと心配という方は、
 これを使うのが一番安心かもしれませんね。
 
 卵1個用から、まとめてできるものまで、
 お値段も手頃で(300円〜2000円弱)
 いろいろあるようです。

 安全性を重視するなら、一番おすすめですね。

001153-300x256

私は、いつもアルミホイルを使う方法で、
作っていますが、本当に簡単にできます。

ハードボイルドが好きな場合は、レンジで温めた後、
約10分ほどそのままにしておく
ちょうど良い感じになりますよ。

アルミホイルは、そのまま入れると
火花が飛んだりして、電子レンジの事故
つながる場合があります。

必ず、卵を包んだ後、水の中に沈めてから
電子レンジに入れてくださいね。

きれいに殻を剥く方法


さて、こうやってできた半熟卵ですが、
皆さん、はきれいに剥けますか

私の場合は、半熟卵に限らず、
ハードボイルドでも、ボロボロになってました(涙)
剥きにくい卵は、新鮮な証拠らしいです。

きれいに皮を剥くには、レンジで温めたあと、
すぐに冷水につける事がポイントです。

水が温まってしまったら、また冷たい水
代えてくださいね。

卵が冷めたら、全体をまんべんなく潰してください。
テーブルの上なんかで、押さえながら転がしてみると
いいかも。

あとは、殻をむくだけ!
きれいに、つるつるに剥けますよ。

きれいに剥けた後、醤油ダシ1日つけておくと、
ラーメン屋さんで食べれる煮卵にも!

さあ、できました!
あとは、色んな料理にのせて楽しんでください。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ