スポンサードリンク

野菜をおいしく食べるには?収穫時期と栄養を知ろう!

日本には、四季があり、それぞれの季節に、
収穫できる野菜というものが、決まっていました。


4178047f4617138b7be52c997a4d1344_l-199x300
その収穫できる時期のことを、「旬」と呼び、
野菜が、一番おいしい時期のことを指しました。

ですが、ハウス栽培などの研究が進むにつれ、
一年中収穫できる野菜も増え、
「旬」がいつなのかさえ、分からなくなっています。

私も、どの野菜が、いつ「旬」なのか?
言いきる自信がありません・・・。

でも、やはり野菜は、「旬」に収穫できるものが、
一番おいしく、一番栄養価が高いのです!

野菜の「旬」と、その栄養価について、
しっかり調べてみました♪
ご紹介します!


スポンサードリンク





野菜の旬


関東での収穫を目安にしています。

7e062637d72f7d20421865441acfd891_l-300x200

★1月
カリフラワー・ブロッコリー・ネギ・山芋・エシャロット

★2月
ネギ・山芋・エシャロット

★3月 
アスパラガス・玉ねぎ・ネギ・分葱・浅葱

★4月
アスパラガス・玉ねぎ・分葱・浅葱・キャベツ・いちご
ほうれん草

★5月 
アスパラガス・玉ねぎ・キュウリ・キャベツ・ナス
いちご・ほうれん草

★6月 
ニンニク・ピーマン・ラッキョウ・キュウリ・キャベツ
ナス・じゃがいも・トマト・ナス・いちご・ほうれん草
モロヘイヤ・レタス・ブルーベリー・さくらんぼ・すもも

★7月 
ニンニク・ピーマン・ラッキョウ・キュウリ・生姜・ナス
じゃがいも・ スイカ・かぼちゃ・トウモロコシ・枝豆・オクラ
しそ・とうがらし・ミニトマト・メロン・モロヘイヤ・レタス
ブルーベリー・さくらんぼ・もも・すもも

★8月
生姜・ピーマン・キュウリ・トマト・ナス・スイカ・かぼちゃ
トウモロコシ・枝豆・オクラ・ネギ・しそ・セロリ・とうがらし
苦瓜・ミニトマト・メロン・モロヘイヤ・ブルーベリー・もも
りんご・すもも

★9月
生姜・ピーマン・キュウリ・トマト・ナス・かぼちゃ
トウモロコシ・枝豆・オクラ・しそ・セロリ・とうがらし
苦瓜・メロン・モロヘイヤ・りんご・すもも

★10月
生姜・ピーマン・きゅうり・ナス・トウモロコシ・枝豆
さつまいも・しそ・セロリ・とうがらし・モロヘイヤ・柿・りんご

★11月
生姜・白菜・じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋・柿
りんご・みかん

★12月 
カリフラワー・ブロッコリー・エシャロット・白菜
じゃがいも・山芋・みかん

気づいたかな?旬のこと?


上記の「旬」の野菜。「旬」と呼ばれるのは、ほとんどが、
3か月くらいだと、気づかれたでしょうか?

1年中出回っている野菜もありますが、やはりこの「旬」の、
時期に収穫される野菜が、栄養価が高いのです。

これは、野菜の研究をされている方によっても、
証明されています!


野菜のことを知ろう!


おいしく、栄養価を高く、食べるには?

もちろん、収穫した時期にすぐに食べるのが理想です!
収穫したときが、もっとも栄養価が高いからです♪

でも、アボカトやトマトのように、収穫してから、
熟すのを待つ野菜に関しては、時間が経った方が、
栄養価は高くなります。

bd8bfe9319d077921cbd4978e00a4391_l-300x200
時間が経つと、栄養価が下がるものとして、
分かりやすいのは、葉物でしょうか?

キャベツや白菜、レタスは、
冷蔵庫に入れていても、痛みやすいですよね?

葉物は、二日くらい経つと、ビタミンCが、
減り始めます。

カロチンや食物繊維は減りませんが、
ビタミンC不足は、口内炎が出来るって聞いたこと、
ありませんか?

上手な保存方法を、知る必要がありそうですね!

栄養価を保つには?

野菜の保存方法として、自然な置き方をすると、
長持ちしますし、栄養価も減りません。

<例>
ネギは、縦に伸びようとしますので、横に寝かせて、
保存するのではなく、立てて保存した方が長持ちし、
栄養価も減りにくいです。

<例>
芋類、じゃがいもやさつまいも、里芋は、
新聞紙にくるんで、常温で保存したほうが長持ち!

野菜は冷蔵庫へ!と、思いがちですが、
野菜によっては、冷蔵庫に入れることで、腐りやすく、
栄養価が落ちてしまうのです。

冷蔵庫にいれれば安全!というわけではないんですね!
初めて知りました~(><)

冷凍保存も、水分の多いレタス、キャベツは、
不向きです。解凍しても、水分のせいでべちゃべちゃに、
なってしまいます。

そこで、さっと茹でてから、ラップに包み、
冷凍。こうしておけば、余分な水分がないので、
解凍しやすいですし、栄養価も、1、2割減るくらい。

野菜って、奥が深いですね~
野菜ひとつひとつの、正しい知識を持っていないと、
腐らせたり、栄養価を低くしてしまいそう。

7eeaef2ca7334a6aa846d035047cd02b_l-300x200
これを機に、野菜のこと、もっと勉強してみようかな?

みなさんも、おいしく、正しく、栄養ある野菜を、
食べてくださいね!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ