スポンサードリンク

レシピ本のオススメは?初心者にはこれ!

新生活を機に、自炊を始めようと思いました。

しかし、
食べたい料理」と「作れる料理」というのは、
意外にも、違う物なんですよね。

chopsticks-154545_640-300x197

いつもおうちで食べるのは、
和食っぽい普通のおかずですが、

和食を外で食べるのは、
居酒屋くらいしか機会がありません。

しかし、いつも飲み歩いている訳にもいきません。
居酒屋に行っても、
 酒を飲まないという選択肢もありますが)

あと、居酒屋の場合は、
どうしても「お酒の肴」になるので、
やや味付けが、濃い目なるんですよね。

そこで、今回は、超初心者の私がオススメする、
おうち料理の基本がわかるレシピ
独断と偏見でご紹介します。


スポンサードリンク





オススメ第3位!短時間で作りたい人に!

  • 「電子レンジ 簡単レシピ100+」
    著:村上 祥子
    ISBN: 978-4522429877

1人分なら、電子レンジを使った料理がいろいろと楽チンです。

レンジ調理3つの利点
  1. 鍋を使わないから洗い物が少ない
  2. ノンオイルでヘルシー
  3. 調理時間が短い

基本の肉じゃがも絶品ですが、
かぼちゃの煮つけ簡単で、
しかも短時間にできることに感動しました。

電子レンジ調理は、
レンジのスイッチを入れたら、後は待つだけ!
というのが実に気楽です。

この本に載っているレシピは、
本当に「レンジから出たら完成!
となっているのが嬉しいです。


オススメ第2位!食べたいメニューが決まっている人に!

  • 「料理のきほん練習帳 かんたん!お店の味」
    著:小田 真規子
    ISBN: 978-4471034023

NHKビギナーズシリーズで作ってみて、
味つけが気に入りまして、同じ人の本で、
基本を押さえているものを探して、見つけました。

「お店の味」が作れる!とありますが、
まずはそこまでの高望みをせずに、買ってみました。

ここでは計量の基本や、
調味料の特性選定方法の基本が、きっちり書かれています。

基本の調味料をそろえれば、
いろんな味が作れることを学びました。

「〇〇専用のタレ!」などがなくても作れるのは、
かなり目からウロコでした。

もちろん、
いつもおうちで食べているようなおかず」が満載です。

個人的には、ハンバーグがおいしいですね♪
他にもいろいろありますよ!

food-712665_640-300x199

オススメ第1位!超初心者はここから!

  • NHK「きょうの料理ビギナーズ」ハンドブック
    「基本がわかる!ハツ江の料理教室」

    著:高木 ハツ江
    監修:小田 真規子
    ISBN:978-4-14-199193-9

TVでもおなじみの「高木ハツ江」さんが、この本でも、
料理初心者さんを、やさしくサポートしてくれます!
(NHKで放送中「きょうの料理ビギナーズ」)

このシリーズは、
分量が「2人分」というのが嬉しいです。

ご家族用だと「4人分」が多いんですが、
1人暮らしには「2人分」がちょうどよいです。

計量の基本や、味付けの基本など、
タイトルに恥じない「基本がわかる」内容です。

似たような「味噌」「」「しょうゆ」における
塩分量の違いが出てきて、

同じしょっぱさを出すためには、
こんなにも違いがあるのかと、実にためになります。

調味料の基本がわかると、「こういう味を出したい時」に、
どんな調味料を使うのかが、分かるようになりますね。

TVでもおなじみの「素朴なQ&A」が、
素朴過ぎて、超初心者の私には、
とってもためになります。

鶏肉は洗うのか?とか。
素朴過ぎて往来では聞けません。

ビギナーズシリーズは、毎月のテキストも出ていますが、
初心者にはそっちよりも、
1冊に広くまとめた、このタイプオススメです。

まとめ


私は超初心者なので、

まずは~
TVの「きょうの料理ビギナーズ」を眺めて流れを学び、

同じ流れ
「きょうの料理ビギナーズ」ハンドブックを読みました。

電子レンジ料理は、カンタンで時間がかからないので、
疲れた時や、気分転換オススメです♪

実際に作って食べてみて、
自分の好みで、味の調節ができるようになったら、
きっと一人前ですよね。目分量とは違うけど。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ