スポンサードリンク

キャベツの保存期間はどのくらい?長持ちさせる秘訣とは!?

安売りしていると、使い切れるか分からなくても、
つい、丸ごと、野菜を買ってしまう…。
そんな経験、ありませんか?

20140825-300x200
我が家では、キャベツが最たる例で、
安いと、つい、一玉買い込んでしまいます。

そんな時、使い切れなかった、キャベツは、
そのまま冷蔵庫の中で、瑞々しさが失われて、
ちょっと、クタッとしていってしまいます。

このキャベツ、まだ食べられるかなぁと、
ちょっと、心配になりますよね。

多少の劣化なら、キャベツは食べられますが、
出来るだけ長く、キャベツを保存する方法と、
その期間
について、調べてみました。

しなびたキャベツは、なるべく、生で利用せず
ポトフやロールキャベツ、ギョウザの具など、
加熱して、使用して下さい。


スポンサードリンク






キャベツの冷蔵保存期間は?


キャベツを、出来るだけ長く、新鮮な状態で、
保存出来たら、嬉しいですよね。

ちょっとした、手間をかけることによって、
普通の状態よりも、長い間、
鮮度を保つことが、出来るんですよ。

キャベツ一玉を保存する場合
大体、冷蔵庫で保存して、2~3週間が、
保存可能な期間です。

  1. まず、キャベツのを、包丁でくりぬきます

  2. その空いたところに、濡らした、
    ペーパータオルを詰めて、芯の代わりにします。

  3. 詰めた部分が、にくるようにして、
    少し湿らせた新聞紙で包むか、ポリ袋に入れて、
    野菜室で保管します。

ペーパータオルは、乾燥しないように、
時々、濡らしたり、交換したりして下さい。

芯を残しておくと、キャベツは栄養分がどんどん、
無くなってしまうので、くりぬいてしまった方が、
実は、栄養面でも良いんですよ。

使用する時には、カットしてしまうと、
鮮度が落ちやすい
ので、葉を一枚、一枚、
はがして、使うようにしましょう。

カットしたキャベツの場合
千切りなどに、カットしたキャベツは、
冷蔵庫で保存して、2日が、保存可能な期間です。

丸ごとの状態よりも、だいぶ、保存期間が、
短く
なってしまいます。

半玉のキャベツは、冷蔵庫で保存して、
1週間くらいが、保存可能な期間です。

20140825_21-300x200
野菜の切り口が多いほど、水分が飛んでしまうので、
鮮度が、落ちやすくなります。

切り口の部分を、ラップで覆うなどして、
食品保存袋に入れて、保存しましょう。

千切りキャベツは、レモンやお酢をかけて、
混ぜ合わせてから、保存すると、
黒く変色しないように、防ぐことが出来ます。

冷蔵庫で保存する時には、温度も重要です。
カット野菜の保存に、最適な温度は、
0~5℃と言われています。

長く保存するには?冷凍保存がオススメ!


もっと、長く保存したい場合には、
冷凍保存がお薦めです。

冷凍保存方法
  1. まず、千切りや、ざく切りなど、用途に合わせて、
    キャベツを切っておきます。

  2. それを、水洗いして、水気を切っておきます

  3. 食品保存袋に入れて、冷凍保存をします。

この方法だと、1~2カ月は、保存が可能です。

この時肝心なのが、急速冷凍することです。

冷凍までの時間が長くなると、キャベツの中の、
水分が多くなってしまい、
解凍した時、ベチャッとしてしまいます。

そのためにも、キャベツを冷凍保存する時には、
冷凍庫の温度は、にすることを、お薦めします。

冷蔵キャベツを使用する際には、凍ったまま
野菜炒めなどに、利用するのがお薦めです。

もしくは、凍ったままのキャベツを、湯通しして、
和え物にしたり、ポトフなどのスープにしても、
美味しく召し上がれます。

ちょっとした工夫で、キャベツの保存期間を、
延ばす
ことが出来ますので、ぜひ、お試し下さいね!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ