スポンサードリンク

靴を防水しよう!防水スプレーの効果の秘密?!

防水スプレーを、ご存知ですか?

定期的にスプレーするだけで、
お気に入りの靴が、長持ちする、
とっても便利な、スプレーです。

他にも、汚れを防いだり、雨の日には
水を、はじいてくれたりもします。

a0027_001640-200x300

今日は、そんな便利な防水スプレーの、
使い方を、お教えしちゃいます。


スポンサードリンク





防水スプレーの種類


防水スプレーのタイプは、2種類に分かれます。

  • シリコン系
  • フッ素系

シリコン系は、スプレーでシリコンの膜
作って、防水する仕組みの、タイプです。

シリコンの膜を、スプレーして、靴を覆うので、
防水効果は、かなり期待できます。

しかし、成分がシリコンなので、通気性
あまり良くなく、ブーツや、気温が高い日には、
靴の中が蒸れてしまう、可能性があります。

靴よりも、レインコートなどの、
通気性があまり関係ないものに、
スプレーすることを、私はオススメします。


フッ素系は、繊維にコーティングをする成分の
スプレーで、撥水効果によって、防水します。

水をはじくだけなので、シリコン系よりも、
通気性が良く、安心して使えます。


使えない素材に要注意


ほとんどの、防水スプレーは、
フッ素系の成分ですが、次の素材には、
使えないことが多いので、注意が必要です。

  • オイルドスエード
  • オイルドレザー
  • ブライドレザー
  • ヌバック
  • シープスキン
  • ハラコ

オイルドスエードオイルドレザーや、
ブライドレザーには、加工の段階で、
オイルや、ろうが使われています。

それらが、防水スプレーそのものを、
はじいてしまう、性質を持っています。


ヌバックシープスキンハラコは、
羊の皮などに、特殊な加工をしているので、
色が変色したり、シミができる可能性があります。


靴を購入する際に、防水スプレーが使えるか、
店員さんに聞いてみる事を、私はオススメします。

防水スプレーを使ってみよう


防水スプレーと、靴を購入したら、
スプレーをする前に、靴を見てください。

汚れている場合は、軽く拭いて、綺麗にしましょう。

汚れがある状態で、スプレーをかけると、
防水スプレーと一緒に、汚れも、定着してしまいます。

a0003_001546-300x200

屋外や、換気の良い場所で、スプレー缶を、
靴から20~30センチくらい離して、
靴全体に均一に、スプレーします。

室内の狭い場所で、防水スプレーを使うと、
直接吸ってしまい、気分を害する危険があります。

そして、防水スプレーが、乾くまで待ちます

何度もスプレーしよう


そして、一度防水スプレーをしたからと言っても、
時間が経つと、効果は薄くなってしまうんです。

靴を履く頻度にもよりますが、
数日から数週間くらいの間隔で、スプレー
しなおす事を、私はオススメしたいです。

毎日履く靴なら、毎日スプレーしても、
問題ない防水スプレーが、ほとんどです。


スプレーするタイミングに悩む方に、私が
オススメしたいのは、自分で水滴を垂らして
効果が薄れていると感じたら、スプレーする事です。

フッ素系の場合は、水滴をはじくので、
シリコン系よりも、効果が、わかりやすいですよ。


また、お子様の運動靴などにも、
防水スプレーは、活用できます。

砂埃などは、パンパン、と叩くだけで、
ほとんど落とすことが、できちゃいます。

a0027_001121-200x300

私は旅行先で、運悪く、大雨が
降ってきてしまった事がありました。

その際、防水スプレーをかけた靴を
履いていたので、水が染み込まず、
旅行中、安心できた経験があります。


汚れも落としやすくなるので、
一度、試してみては、いかがでしょうか。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ