スポンサードリンク

ネイル!秋冬おススメのフットのデザイン!

6188bf3d54142c23ad093f4cfcd8ec6d_l-300x199 最近は、ネイルといえば、オシャレの定番!
と言っても過言ではないでしょう。

ネイルを塗られていない方って、あまりいないのでは?

ただ、夏場はサンダルを履いたりすることもあって、フットのケアも忘れずに心がけてやりますが、秋冬に足先を見せることなんてほとんどない。

つまり、秋冬はお手入れをサボりがち。

でも!見えないからこそのオシャレ!
それこそが本当のオシャレですよね!

それに、見えないとはいえ、フットにネイル!
それだけで一日のテンションが違ってくる気が、
します!

今回は、フットネイルにおススメのデザインと、
ショップに行かずに自分でのネイル。

セルフネイルについてをご紹介します!


スポンサードリンク




秋冬におススメのネイルといえば!


やっぱりツイード風生地のネイルでしょう!
秋冬にはよく着用する生地でもありますし、
自分でデザインするにもラインを重ねていくだけ!

というお手頃感がおススメです!
YouTubeに、とっても簡単に出来るツイード生地風の、
ネイル動画を見つけましたので、ご紹介しますね!



こちらは、付け爪にラインを描いて、
ラメを施してあります。
ラインは、濃い色から入れていかれてくださいね!

カラーは、ご自分の服装に合うカラーにすれば、
一層オシャレ感が増すはず!


セルフネイルに必要なもの

738a17a65d32b3984f5ccf83f038d1c4_l-300x198
  • 爪切り
  • 爪やすり
  • ベースコート(マニキュアを塗る前に塗るもの。
    濃い色、赤などを塗る場合は、爪に色が残ってしまうので、必ず縫ってくださいね!)
  • マニキュア(とりあえず単色1本でもok)
  • トップコート(マニキュアを塗った上に塗るもの。
    これを塗ることで、マニキュアが長持ちするし、剥がれにくくなりますよ♪)
  • 除光液(リムーバーとも言います。マニキュアを剥がす、役割をします)
  • コットン(除光液を含ませるためのもの。ティッシュでも、
    できないことはありませんが、コットンの方が爪にも優しい)
  • ハンドクリーム(爪もですが、手のお手入れに。爪だけ、
    キレイでは意味がありません)

と、まぁ色々な道具が必要!ということになり、
こんなに揃えるのムリ・・・と思われるでしょう。

でも!ここにあげたものは、
全て100均で揃えられます!
どうですか?気が楽になりません?

セルフネイル用のネットショップ


Nail Supply(ネイル サプライ)

簡単にサロン級のネイルが出来るグッズを販売されています。
その種類の豊富さと、カラージュエル3個にパーツ全てで、
999円はお買い得価格!

Ms Nail(エムズ ネイル)

セルフネイル用のパーツが盛りだくさん!
私は、レースシールの豊富さに惹かれました♪


フットのお手入れ方法として


塗っていたフットのマニキュアを落とし、
きれいにまた塗る方法として、参考に!

YouTubeより




簡単なセルフネイルのおススメ


フットでもハンドでもですが、簡単にかわいく出来る、
ネイルのデザインをご紹介します!

上記に上げたセットに、マスキングテープを準備!

爪の上半分にカラー(マニキュア)を塗るために、
爪の下半分にマスキングテープを貼りつけておきます。

後は、マスキングテープを気にすることなく、
上半分にお好きなマニキュアを塗ってください。

ここで肝心なのは、完璧に乾くまで触らないこと!

乾いたら、マスキングテープをゆっくりと外すだけ。
これで、上半分にマニキュアが塗られた状態が、
出来上がります。

もし、マスキングテープを外して、その境目が、
あまりキレイではなかったら・・・

そこに、ネイル用のレーステープやお花のシール、
ホロ(キラキラしている丸い飾り)を貼りつける。

そうすると、境目が汚いなんて絶対に分からないし、
すごくオシャレに見えます。

出来上がったら、トップコートを塗って、
補強してくださいね!

この方法を応用してみると、マスキングテープを斜めに。
または下半分にマニキュアを塗る逆バージョン。
などなどが、楽しめるようになるはずです!

もちろん、サロンに行けば、完璧な爪に、
していただけると思いますが、セルフでやってみると、
自分で出来た満足感もあって、友人にも自慢できるかと。

せっかくですから、楽しんだもの勝ちです!
ぜひやってみてください!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ