スポンサードリンク

結婚記念日のプレゼント♪妻の女心を満足させるサプライズとは?

「先輩、来月の結婚記念日に、奥さんに
 プレゼントしたいんですけど、

 女性って、どんな物を貰ったら、
 うれしいん
ですかね?

 ネットなんかで調べると、
 花とかアクセサリーとか、書いてあるけど、

 ウチの奥さんは、まだ子供が小さいから
 アクセサリーも、付けることがないし、

 花にもあんまり、興味ないみたいだから、
 ちょっと、迷ってしまって。」

「そうかー。A君、結婚3年目だっけ?
 これまでは、どうしてたの?」

「最初の年は、旅行に行きました

 去年は、子供が生まれたばっかりだったから、
 ディナーに行って、バッグを贈ったんですけど、
 使っているの、見たことないんですよね。

 どうせ贈るんなら、喜ばれるもの
 いいと思うんですけど、
 うまく思いつかなくって。

 よく、女性はサプライズが、好きだって
 聞きますから、そんな風にするのも
 いいかなって。」

hanataba_man-242x300

結婚記念日に、奥様へ贈るプレゼントを
何にしようか、迷っている旦那様は、
決して、少なくありません


「折角贈るんなら、喜んでくれるものを」
と考えるのは、当然ですよね。

結婚記念日に限らず、
「もらって嬉しいプレゼント」の
男女別調査などによると、

基本的に女性は、愛・思いの込められた
自分が欲しい『物』」を
望む傾向が高く、

男性は基本的に、
愛のある過ごし方」に、重きを置き、

物自体より、その相手から
贈られることによって、

物や時間が、特別なものになるという
考え方をすると、いわれているようです。

男女で、話し合って結果を出すと、
女性は『物』は、遠慮したり、妥協して、

結局、結婚記念日には、旅行や食事をして
一緒に過ごす
という、結果になることが、
多くなる、のだそうです。

奥さんに聞けば、
「心がこもっていれば、
 どんなものでも嬉しいわ。」

と言われるでしょうが、
ホンネのところは、どうでしょうか?

「うーん。私は少なくとも、よっぽど慣れてる人
 じゃない限り、サプライズは、お勧めしないな。

 無難かもしれないけど、奥さんに何が欲しいか
 聞いてみる
のが、いいんじゃないかな。

 去年、奥さんがバッグで
 残念な思いをしていたなら、特にね。

 単純に『何が欲しい?』って聞くより、
 もっと効果的に、奥さんに喜んでもらう
 方法があるわよ。

 プレゼントを、一緒に選んで
 買いに行く方法よ。」


スポンサードリンク





女性が喜ぶプレゼント

私が主人と、結婚してから、
10年以上が、経とうとしています。

その間に、誕生日・クリスマス・結婚記念など、
色々とプレゼントを、貰いましたが、
一度も外れだったことは、ありません

何故なら、考える時間を、十分に与えてくれ
しかも選ぶのも、買いに行くのにも
付き合って、くれるからです。

記念日の、1ヶ月くらい前から夫は

「大体○○円くらいの予算で、
 欲しい物を、考えておいて。」
と言ってくれます。

その日から私は、あれにしようか、
これにしようか、とワクワクしながら、
考える時間を、楽しみます

カタログや、雑誌を眺めたり、
ネットで調べたり、ウインドウショッピングを
してみたり、

友達にノロ気つつ、最近のトレンド情報を、
教えてもらったり。

「それからね、考えておいてと言ったまま、
 それきりに、していてはダメよ。

 2人で相談しながら、決めるというのが
 ポイントよ。」

「良いのがあったー?」などと声をかけ、
一緒に考えるのを、楽しんであげましょう。

奥様が、
「コレがいいかなって、思ってるんだけど、
 コッチも捨てがたくて・・」と言ってきたら、

「お!どっちもいいねえ~。」
などと答えるのが、正解です。

決して「コッチで、いいんじゃないの。
いつまで考えてるの?」
などと言っては、いけません。

奥様は旦那様が、
一緒に考えてくれるのを
楽しんでいるのであって、

旦那様に、決めて欲しいと、
思っているのでは、ありません。

「じっくり考えたらいいよ。」
ぐらい言ってあげると、
更に、株が上がるでしょう。

computer_couple-300x276

いよいよ、プレゼント候補が決定して、
連れ立って、買い物に出かけた先で、

奥様が迷って、散々店を、
歩きまわることに、なるかもしれません。

そこを我慢して、じっくり品物選びに
付き合うのです。

迷った挙句、「やっぱり、初めに見たものにする!」
となっても、

「だったら、始めからそうすれば・・」などと、
思ってはいけません。

同じ品物でも、初めに見てすぐ決めたものと、
さんざん見て回って、迷った挙句に決めたものでは、
満足感が全然、違うものなのです。

支払う時は、もちろん旦那様が店員さんに
「結婚記念日の、贈り物です。」などと告げて

綺麗にラッピングしてもらった、品物を受け取り、
奥様へ、笑顔で渡しましょう。

「えー!?ムリー。」

「アハハ。まあ、そうよね。

 ウチの旦那だって、10年掛かって
 やっとココまで、できるようになったんだから、

 もう少しハードルを、低くと言うことなら、
 先ずは、奥様の好きなもの、欲しいもの
 考えてみると、いいわね。」

奥様の欲しい『モノ』は?

いつも一緒にいる、奥様の趣味や言動を、
よく見ていれば、きっと何かヒントがあるはず。

例えば奥様が、テレビや雑誌などを見ている時に、
「イイナ」って、言っていたものはありませんか?

奥様の趣味が、ゴルフであれば、
ゴルフショップで、お気に入りメーカーのクラブを
熱心に眺めていたことは、ありませんでしたか?

奥様が、食べる事が好きであれば、
「お取り寄せで、数か月待ち」
などの人気商品を、

結婚記念日に、間に合うように
予め注文しておくと、いうのはどうでしょう?

水仕事での手あれを、気にしている奥様なら、
最近話題の、保湿効果の高い
オーガニックハンドクリーム等も、いいですね。

valentinesday_choco_box-300x220

「旦那様が、自分の欲しかったものを
 分かっていてくれる、というのは、
 それだけでも、とっても嬉しいものよ。

 それに加えて、渡し方も工夫すれば、
 さらに印象的な、プレゼントになりますよ。」

プレゼントの渡し方の工夫

朝起きると、枕元にプレゼント
置いてあったり、

敢えて、結婚記念日の前日などの
油断しているときに、

さりげなく、テーブルの上に
手紙とともに、置いてあったり、

レストランで、ウエイトレスさんに
プレゼントを、運んできてもらったり。

私の妹の旦那様は、子育て真っ最中で、
肩こりのひどい妹を、日頃から見かねていて

近場のスーパー銭湯の入浴券と、
入浴後の、60分間のマッサージ券を
封筒に入れて、プレゼントしてくれたそうです。

子供を旦那様に預けて、銭湯に行って
3時間後に、帰宅したところ、

小ぶりなフラワーアレンジメントが、
テーブルに、メッセージカード付きで、
旦那様手作りの夕食と共に、置いてあったそうです。

「そんなに高価な物では、ないと思うけど、
 うれしくて、日頃の疲れが吹き飛んだわ!」
と妹は大いに、喜んでいました。

「こんなカワイイ、サプライズなら、
 奥様も、喜んでくれるのでは?

 ただ頑張りすぎの、サプライズには、
 残念な例も、起こりがちだから
 気をつけてね。」

ネットなどで、得た知識でサプライズを
演出するのも、場合によっては、
悲しい結果に、なることも。

残念なサプライズ

友人の旦那様は、以前彼女が
「ナイトクルージングの、ディナーに行ってみたい」
と話していたのを、覚えていたらしく、

結婚記念日の前夜、サプライズ
連れていって、くれたそうです。

しかし周りの人たちは、
かなりオシャレな、格好をしているのに、

友人は、そんなこととは
知らなかったため、普段着のまま

「憧れていただけに、自分としても
 万全の態勢で、臨みたかったなあ。」と、

憧れのナイトクルージングが、
散々な結果に終わったと、嘆いていました。

相手がちゃんと喜べる状況を作る
というのも、サプライズを
成功させるための、大切な要素です。

何であれ、奥様の気持ちに寄り添った
プレゼントなら、きっと喜んでもらえますよ。

素敵なプレゼントが、見つかりますように!


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ