スポンサードリンク

中秋の名月っていつ? 由来や風習もおしえて!

秋は空気が澄んでいて、とてもキレイですね。

昼間はまだ少し暑いのですが、
日が落ちるととたんに爽やかな涼しさを感じます。
IMG_0071-200x300
そんな晴れた夜の月は最高!
月を見ながら、ベランダで一杯!なんてね。

ところで満月っていつかしら?
「中秋の名月」なんていいますよね?

えっ?!

中秋の名月って必ずしも満月のことじゃないの?!

そもそも、「中秋」ってなんのこと?
「仲秋」って書いてもいいの?


スポンサードリンク




中秋の名月は満月じゃない?


中秋(ちゅうしゅう)とは旧暦の秋の中日
つまり真ん中の日を指す言葉です。

旧暦では、秋は7月、8月、9月になります。
だから、旧暦の8月15日が中秋に当たります。

旧暦では、月の満ち欠けがそのままカレンダーに
なっています。
つまり新月(月が見えない日)=1日(ついたち)

ということは、満月=15日(十五夜)のはずなのですが、
日にちの区切りと月の角度(見え方)が一致しないために
満月の日が16日にずれ込むことがあります。

では「仲秋」(ちゅうしゅう)とはなんでしょう?
仲秋とは秋の真ん中の月を表します。
つまり、8月のことですね。

起源は中国


中国では3000年以上も前の周の時代から月をお祭り
していたそうです。春節が太陽をお祭りする日なら、
中秋節(ちゅうしゅうせつ)はお月さまのお祭り。
tsukimi_04-300x225
月にウサギというのも中国の神話に由来します。
ウサギといえば、西洋でも多産の象徴ですね。

秋は収穫の季節。
中秋節は豊穣を祝うお祭りでもあるのです。

現在でも月餅(げっぺい)を食べて
お祝いしているのですよ。

お月見いろいろ


お月見には、お供え物!
月見団子は欠かせませんよね。

関西と関東では何やら形が違いますね。
Unknown
関西では里芋に見立てて少し長い形に作ったお団子を
あんで巻いたような形です。

こしあんの小豆色からのぞく、お餅の白さが美しいです。

関東では、ひたすら白くて丸いのです。
月をなぞらえているようですね。
tsukimi_01-266x300 お餅は甘いのですが、あんが入っている物や
入っていない物があります。

ススキと一緒にお供えするのは全国的に共通しますね。

関西のある一部地域では、まるでハロウィーンのように
子どもたちが近所を練り歩き、家々から
お菓子をもらうというのもありますよ。


関東の私の住む地域では、十五夜にはお団子と
けんちん汁を食べます。

けんちん汁は、大根や里芋などの根菜類を煮て、
しょうゆ仕立てにした汁物です。

里芋を月になぞらえるのでしょうか。

中秋の名月いつ?


中秋の名月は、毎年違うのですよ。

こちらは、中秋の名月カレンダーです。
046236-300x270

  • 2014年9月8日(月)
  • 2015年9月27日(日)
  • 2016年9月15日(木)
  • 2017年10月4日(水)
  • 2018年9月24日(月)
  • 2019年9月13日(金)
  • 2020年10月1日(木)

(富山市科学博物館HPより)

いいお天気になるといいですね。

さて、満月じゃないけれど今日もお月さまがきれいです。
中秋の名月といわず、月を見ながら一杯やりますか。

あっ!
ビール冷えてなかった。


スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ